仕入れ有


台風最接近。
ザーザー降りの雨になったり青空が出たり。複雑な雲とともに空気は熱帯の湿気を帯びたトロッとした感触に。実際の気温よりもずっと蒸し暑く感じる日だ。扇風機はあまり役に立たない。窓も開けられないからクーラーのない作業場は結構辛い。とにかく「強」で連続回し。本格的な雨は梅雨明けした先月終り以来か。
午前中から飛ばして仕事をしよう、と荷造り荷造り。雨は降ったり止んだり。一区切りしたので入力仕事を始めると内線電話が鳴った。「今日仕入れが入ったけどいいかな?」オヤジからだった。以前もお伺いしたお宅だった。聞いてきたということはワタシも同行するということだ。店でカンズメ仕事も3日続くと日記のネタが切れそうなので(^^;(冗談)、勿論OK。昼飯を食べてすぐに出かけることになった。
道は混んでいるようなすいているような。さすがに環七の内側に入ると混雑も激しくなる。時折雨も落ちてくる。雲の足が早い。
お客様のお宅に到着し、オートロックのドアにおびえながら(^^;仕事を続けた。評価を終えてお支払い。ありがとうございました。クルマ一杯の量。ちょうど市場が近かったので、一部を出品するために古書会館へ向かう。オヤジは大汗をかいて「お茶が飲みたいなぁ」と繰り返す。道がすいておらず、道端に停める事アタワズ。そのまま古書会館へ到着し、出品作業をしているうちに自販機で生茶500mlのボトルを買ってきていた。
「お腹すかない?」と畳み掛けられる。お隣でホットドックを二つ買ってクルマに乗った。普段走っている道を使って帰路についた。
内堀通り。皇居越しに大きな雲と夕景。雨はもう降りそうもなかった。店に戻ったのは18時過ぎ。店に本を降ろすと店はもはや開店休業のごとく通路人が通れない状況に(^^;。マズイなぁ。すぐに仕事を始める。
夕食はバンバンジー風サラダ。飯がウマイねぇ。昨日のうちに提燈吊りの作業が終わってくれていたおかげで仕事が出来る。なかなか追いつかないけれども・・・。
仕事って片付けると次が覆いかぶさるように押し寄せてくる気がする。なかなか一段落することがない。そういうものなのだろうか・・・。そういうものなんだろうなぁ、きっと。
0729.jpg

2004-07-29 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事