横浜散歩~盆踊り


朝目が覚めたのは5時(^^;。
起き上がると少しよろけた。まだ完全に酔いが醒めていなかったらしい。水をがぶ飲みした。
とぼとぼと昨夜出来なかった仕事を始めた。調子が悪くてペースが上がらない。ゆっくりやっていたら7時を過ぎていた。ともあれ緊急にやっておくべき仕事は終わったので再び横になった。
子供たちが起き出していつもの日曜日のTVを見ている音が聞こえてくる。もう随分と時間が経っただろうな、と起き上がってみれば11時少し前だった。ブランチのような朝飯のあと、昨日書けなかった日記を書き、HPを更新してアップした。
今日もお休みなので横浜まで出かける事にした。出発したのは13時過ぎ。みなとみらいチケットを買って元町・中華街駅へ。山下公園を散策。女房が「カキ氷食べたくない?」と聞いたので、近くにあった屋台に行ってみる。値段が書いてあった。500円!?そりゃちょっと高いでしょ。急遽取りやめて駅から公園に来る間にあったM屋に向かう。高級食材を売るスーパー。アイスが収められた冷蔵庫にはガリガリ君はなく、某フランス系高級メーカー製のカップアイスがズラリ。それはそれで食指を動かされたが、カップのカキ氷(オレンジ味)とソフトクリーム型アイス(ミックス)を買って公園で食べた。これで充分でしょ。
意外に子供たちもこのあたりの散策は嫌いではないらしく、暑い、とかノドが渇いた、とは訴えるものの、早く帰りたい、などの不満は言わない。この間も通ったプロムナードを歩いてMM線日本大通駅へ。ここから乗ってみなとみらい駅まで。食堂街にあった蕎麦屋へ入って昼飯。天ざる。なかなかウマイ。
その後ワタシは一人で近辺を散策して、女房と子供たちはジャックモールにある大型電器店へ。お目当てはパソコンソフトらしい。勿論買い与えるわけではないが、そこであれこれといじるのが面白いようだ。そういうものを面白いと思う年代なのだろう。ワタシも中学生の頃に出始めだったパソコンにはまった覚えがある。
ワールドポーター前から100円バスに乗り、ジャックモール前まで移動。便利なようでいて意外に遠回りをしたり、あまり人が利用していない地域を走ったりするので思っていたよりも時間がかかった。車窓からは未だ空き地が幅をきかすMM地区の様子がよく見えた。
ジャックモール到着は17:20頃。合流してすぐに帰路についた。
07251.jpg

少し早めに戻るのは女房が町内会の盆踊り大会に参加するため。
ワタシが仕事場で仕事を少し始めると、浴衣の着付けを終えた女房が「じゃ行ってくるから」と出かけていった。ワタシもあとで子供たちを連れて会場へ行くことになっていた。
19時過ぎに出かけた。娘も浴衣を着てはしゃいでいる。こういう雰囲気が好きなのだろうな。ワタシも小学校の頃は盆踊りで夜外に出られるのがうれしかった。綱島街道を渡るころから大きな音が聞こえ出した。到着するといつもの櫓が組まれてそこから八方に提燈の列が手を伸ばし、あたりを照らしていた。櫓の周りを町会の婦人会の皆さんが幾重にも輪を作り、盆踊りを踊っている。
お約束の屋台もいくつか出ていたが、昨日も来た子供たちは大体の様子をつかんでいるので、「今日はここ」と決めているらしい。まだ来たばかりで踊りの輪を眺めていたワタシをつかまえて「はやくおとーさんあれかってよー。あのきらきらするやつだよー。」と娘が催促する。何のために盆踊りに来たのやら・・・(^^;。「オレはフランクフルトねっ!」と息子。ちょっと待ちなさいよ。
19:30になって休憩が入り、女房もフリーになった。それなら、と屋台街へ移動。娘のたっての希望のキラキラは各種並んでいて、いままでは化学反応で蛍光色に光るリングのようなものが中心だったのだが、だいぶレベルが向上し電気仕掛けでキラキラさせるものが増えていた。娘が迷わず決めたのもやはり電気仕掛けだった。やれやれ、女の子はヒカリモノが好きなんだねぇ・・・(^^;。500円也。
少し晩飯が早かったから小腹がすいていた。フランクフルトを3本買って皆で食べる。こういうところで食べるとなんでもウマイんだよなー。600円也。
場内アナウンス。阿波踊りが始まるらしい。20分ほど阿波踊りの列が続いた。あの独特のリズムは長く続けるほどのってくるものらしい。つられて踊りだした見物していた人が増え始めた頃、「お時間です。終了ですー。」となった。
再び盆踊り再開。女房も踊りの輪の中へ入っていった。
20時を過ぎていたので子供たちを連れて先に戻ることにした。さっき買ったキラキラをめぐって早速子供たちは小競り合い。つまんないことで張り合い召さるな。女房も21時前には帰ってきた。お疲れ様。
しばらく仕事をするものの、今日は早めに切り上げて休みたい。
07252.jpg

2004-07-25 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事