看板


朝から晴れて暑い。
今年の夏はスタートダッシュがキツイ。このまま突っ走るのかなぁ。夏が夏らしい暑さだと景気が良くなるそうだけど、ビールが売れるとかクーラーが売れるとかそういうことでしょ(^^;?儲かっている人がお金を使ってくれればうまく回っていくのだろうけど・・・。
ABCが一斉に閉店したと新聞記事。結構な大ニュースだと思う。一度六本木店へ行ったことがある。よく編集された棚が印象的だったが、お客はガラガラだった。掘り出し物が結構平気で並んでいることもあった、とは聞いた話。とはいえ、新本だけでの棚作りは厳しかったのだろうか。本の世界の奥深さを表現するには新本だけではきっと足りない。現代人の目で名作にも触れるには古書の世界が必須なのだろう。
愛書会展の送り荷物の仕事を前倒しで始める。オヤジは朝から神田の古書会館へ。ワタシは朝から昨夜の続きでご注文品の荷造り作業である。請求書の打ち出しと振替用紙への金額記入。郵便が振替のご入金を運んできて仕事は追加される。いつもお買い上げありがとうございます。40通近い大量になったため、郵便局の集荷をお願いすることにした。火曜日まで郵便局の窓口は開かない。全く、カレンダーのおかげで冷や汗だ(^^;。ラジオでは行楽地へ向かう高速道路のすさまじい大渋滞を繰り返し伝えていた。少し溜飲が下がった。
16時ころ、階下の母親から呼び出し有。「ちょっと下に降りてきてよ。」降りてみるとお隣の工事発注元の会社の方がズラリ。この暑い中スーツでいらっしゃった。Tシャツに半ズボン姿のワタシがとてもみっともない(^^;。
現在改装中のお隣は8月3日にオープンするのだそうだ。今日はそのご挨拶。前日にご近所の方へのお披露目会を催されるという。外にはウチのデカイ看板に負けないくらいの大きな看板が上下から挟み込むように設置されていた。
夕食後、オヤジが神田から戻ってくる。運送の荷物が火曜日になるので、送り扱いになった荷物をリュックで背負って持ってきてくれた。早速荷造り仕事。今日は1日ずっと荷造りをしていた気がする・・・。
0717.jpg

2004-07-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事