半期も終わり


昨日でいつの間にか今年も半分終わっていた・・・(^^;。
早かったなぁ。特に春が来てからは早かった。時間が加速しているような感じがマジでした。桜は3月が花期になってしまったし、もうセミが鳴いているらしい。季節が半月くらいずれたのか。それとも夏が伸びたのか。温暖化ってこういうことなの?変にわかりやすいから違うような気もするんだけれども。
昨日は雷だったけど、ワタシが小さい頃はあの雷が鳴って雨が上がって梅雨があけたものだった。ちょうど半月季節がずれているとしたらもう夏ってことになるのだけど、南海上にある台風へ吹き込む北東風で今日は涼しかった。
月曜日に組合から持ち帰った宿題を二日かけてやっつける。5月に開かれた総会の議事録だ。何を今頃、と言われようが、なんせ全体で8時間もかかった総会の内容はテープに起こすだけでも大変な作業だ。理事ってのは本当にいろいろと仕事がある(^^;。
今日中に終わらせてしまおうと思い、昼前から打ち込み始める。
午後のお茶を飲み終わった頃に打ち込みは終了。それから店の仕事に取り掛かる。まあ仕事半分になってしまったが仕方なし。今月中に神奈川古書ニュースを出さなければならないのだから。
結局火曜日から木曜日まで仕事仕事でほとんど店から、というか仕事場から出る事なし(^^;。不健康なことこの上なし。
子供たちは川崎市制記念日で二人そろってお休み。小学校はわかるとして幼稚園は私立だから関係ないんじゃないの(^^;?そもそも記念日を休みにするという趣旨がワタシにはいまひとつ理解できない。
夕食はおそば。夜になってちょっと涼しい感じは昔の夏の夜のようだ。「これが何のタレだか当ててみてよ」と女房。一見ゴマだれ風の色と香り。そばをつけてツるると食べると、あ。わかった!くるみでしょ。「あったりー!(^^)子供たちがくるみを擂ってくれたんだよ」とか。なるほどおいしいね。
うーん、夏の夜がこれくらいの気持ちよさなら長く続いてくれてもいいんだけどなぁ。
0701.jpg

2004-07-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事