仕入れ、あり。


朝からクルマを転がす。
近くまで仕入れ。確か以前もお伺いさせていただいた場所だった。お知らせ頂いた住所にも見覚えがあったし、到着するとその建物も以前見たそのままだった。そのときは特に迷わずお部屋まで辿り付けたような気がしていたのに、今日は何故かお部屋の場所がわからない(^^;。
エレベーターに乗ったり、降りたり。玄関まで戻ってポストを確認したり、外に出て建物全体の様子を見直したり(^^;。おかしいな・・・。
結局、エレベーターを出てから横道を入らないとそのお部屋に行けないようになっていた。もっとちゃんとした案内板でも掲げてくれればいいのになぁ・・・(^^;。
評価の上、買い取らせていただいた。ありがとうございました。
店に戻り、昼飯を食べたあとはまず荷物発送作業。そのあと買ってきた荷物を整理し、市場へ出す本と店で売る本とに分類する。そうこうしているうちにさっき買ってきた全集へ引き合い有。お買い上げ頂いた。どうもありがとうございました。オヤジはなぜか不満顔。どうして?市場で売れるよりお客様に買っていただいた方がスジとしては正しいのに(^^;。
夕方、市場へ荷物を出品しに行くため再びクルマ。大きな全集が売れてしまったから量としては少なくなってしまったけれど、ほとんど倉庫と化した店をそのままにしておくわけにはいかない、とばかり、決行。
今日も五反田から品川へ抜ける道を選んで走る。昨日は初めて走ったからあまり余裕なく沿道のお店を見ることもなかったが、今日は比較的観察できた。五反田といえば都内有数の繁華街だ。そういう場所の商圏はどの程度の広がりがあり、どんなお店が並んでいるのかを見た。
我が街新丸子駅前の商圏が実は狭まり続けていて、それは新丸子が都民のベットタウン化し始めていることを感じさせる。繁盛しているのは大きなスーパーか安売りスーパー。あとはコンビニや大手チェーン店経営による支店ばかりで、ずっと商店街を守り続けてきた個人商店はそのあおりを思いっきり食らっている。
他の繁華街ではどうか、と思って、こうしてクルマを走らせるときなどには気をつけて見ているのだけど、やはり一等地にはチェーン店系の飲食店が幅をきかせていた。
ラジオでは「百貨店を利用しますか?」というテーマで話が進行していた。大手でさえ苦しい現況。
時代とともに全ては相対化する。時代を見詰め続けるしかない。

2004-02-26 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事