今日も1日店


朝起きてPCを開ける。早速仕事。
仕事はPCのメールボックスを開けることから。店を開けても仕事は始まらない(^^;。
朝飯前にご入金いただいている分を荷造り。女房が娘を幼稚園に送って帰ってくるまでにすべて終わらせてから朝飯。ご飯に納豆。海苔とたくわん。納豆にはキムチを混ぜてある。純日本食ではないけど、植物食ではある。これで十分満腹になる。
冷静に考えると肉などの動物性食べ物が無くても人間は暮らしていける。動物性の食事が増えた結果、さまざまな問題が生じてきた。牛肉も鶏肉も輸入禁止措置がとられて外食産業が打撃を受けたが、それは外国からの大量輸入・大量消費することがすでに”習慣”となってしまった為だ。
あんなにタバコを吸っていた人がピタッと禁煙。そんな例を出すまでもなく”習慣”は変えられる。かつての日本が牛肉も鶏肉も1週間に一度のご馳走だった頃を思い出せるのなら、ネ。(いまさら無理か(^^;)
女房の家事が終わるまで店を開けずに仕事仕事。郵便局を往復しながら11時を過ぎた頃に開店。女房にはそのまま店番をしてもらい、PCのデータ入力作業をお願いする。
昼はパン食。近所のパン屋さんで女房が買ってきたもの。ペットボトルのお茶を飲みながら食べる。意外にボリュームがあって、食べ終わるまでにちょっと満腹気味。今思えばこの頃から少し調子が悪かったのかもしれない。
娘が幼稚園から戻ってきて、今日はお友達が遊びにくるという。
そろそろおやつの時間、ということになったが、全然お腹が減らず、むしろ張ってしまい、やたらげっぷが出る(^^;。ううむ、まずいな、これは内臓が働いていないらしい、と気が付いた。
店を閉めて夕食の時間。未だお腹が減らず。ヨーグルトだけ食べてからトイレに行くとやはり下痢(^^;。うーむ、何か悪いものでも食べたかなぁ・・・。
とはいえ、女房も含め皆特に調子の悪い者は他におらず、食べ物にあたったんじゃなくて結局ワタシ自身の問題ではないか、と結論。
今日は早めに寝よう。今日やるべき仕事をちょっと残しながらも23時と時間で区切り、すぐに寝ることにした。

2004-02-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事