結局は今日もまた1日店で仕事


今日も快晴。市場は今日から大市体制。
仕入れが続いたときには仕方ないことなのだけど、今日も店から出られないほど仕事。オークションで落札頂いた件のご入金が一気に重なり、荷造りを1日中やっていた。
本の販売方法には店売りを始めとしていろいろとあるのだけど、その中のネットでの販売にもいろいろとやり方がある。ウチが加盟している「日本の古本屋」は東京組合が主宰する古書専門のモールで、活字本の販売にはここが一番だと思うけど、古書組合に加盟していることが参加する最低条件になっている。組合員専用ということもあって、毎月の参加費用も格安だ。
最近になって大手ネット専門の新刊屋さんが中古本販売を始めており、ここはISBNコードで検索できる書籍に限り、だれでも登録して販売が可能だ。参加条件は全くないが、本が売れるごとにかなり高率の賦課金を徴収されてしまう。ウチも参加しているが、投入する本はダブった本に絞っている。せっかく出した利益をみすみす持っていかれてしまっては、誰の為に仕事をしているのかわからなくなるからだ(^^;。
どちらも参加店は増えてきており、珍しい本は別としてごくありふれた本は何冊もデータアップされており、思い切って安く出さなければ売ることさえ難しくなってきている。意識としてはマイナス算だ。
オークションはどんな荷物も1週間で一旦決着が付く。どんな珍しい本でもありふれた本でも1週間という条件だ。いつでもあるわけではない、というこの設定は、ご入札される方の意識に微妙な影響を与えるような気がする。ワタシも欲しい品物が周っているときに感じることなのだけど、終了時間が迫ってくると、なぜか見ているうちに「今買っておかなければ・・・」という気持ちになってくるのだ(^^;・・・経験者)。画像もアップできるので、自前HPで商品との画像リンク処理をするのが技術的に面倒を感じているワタシのようなナマケ者にもピッタリ。
今日もいい品物がいい値段になってくれた(^^)。オークションはプラス算。いつもありがとうございます。しっかり梱包してお送りしますネ。
夕食後、仕事をしながらラジオ。FMから笠置シヅ子の「買い物ブギ」が流れる。珍しいネ。でもいい曲だなぁ。
クルマにオヤジが買ってきた美空ひばりのCDが入っていて、たまに聴くのだけど、やっぱり歌唱力が違うのか、この頃の歌って”説得力”があるんだよね。

2004-02-19 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事