市場へ


すごい一口が入荷している、と一新会メール通信。

これは行かなくては。と意気込んだが、オヤジからは渋い顔をされる(^^;。店に積み上がっている本を何とかしてからにしろ、ということらしい。ごもっとも。明日の明古を休みにすることを条件に市場へ出かける。

古書会館到着。確かにすごい量だ。質も高い。入札に来ている方もいっぱいだった。こりゃまともに行ったら高い買い物になるかもな・・・。量が出た時には見落としが必ず出る。それを狙うしかない。売れない値段で買っても仕方ないからねぇ。

荷物は質量とも一杯だし、入札に来ている人も大勢なのに雰囲気が沈んでいる。ワタシもなんとなくいたたまれなくなり、一通り入札したらすぐ店に戻る。仕事は山積みになっていた(^^;。

夕食は餃子。食後はオークションに出品する本の選別と写真撮り。スガシカオさんのラジオを聴きながら粛々と作業。

2003-11-28 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事