金曜、明古


いつのまにか快晴。

でもなんだか様子が変だ。蒸し暑い?。雨上がりの南風。バカ陽気。

今日は明古で大量出品が予定されているとFAX通信が入る。それを見たオヤジは乗り気になり「明古に行く」と言い出した。
午前中の仕事を早めに仕上げなければならなくなった。ちょうど先日来工事をしていただいた建築屋さんから請求書が届けられた。近所の金融機関の口座だったので振り込みしに行く。機械の前で操作すると、なんと同一支店から同一支店口座への振込みにもかかわらず手数料315円も取ると表示が出た(!)。なんで???とアタマの中がハテナマークで満たされているうちにカードがペロンとATMから出てきてしまった・・・(--;。理由のわからないカネは一銭だって払う気はない。そのまま金融機関を出た。
店に戻ってくる道すがら、やっぱりハテナマークは消えず、そのうちに怒りマークに変わってくる。合点がいかなかった。
とはいえ、今日は金曜日。来週は三連休である。今日中におカネを振り込まなければならない、とすでに怒りマークでいっぱいになったアタマは冷静さを欠いていた。PCでネット振込みすると、他行からの振込みにもかかわらず262円で済んだ。ほおれ見ろ。やっぱり315円は高すぎるじゃないか。ちょっとだけ気持ちも収まったところで店を出る。オヤジが行くのならワタシは早く帰ってこなければならない。電車に乗る。暑い(^^;。

バカ陽気のせいで気分が収まらない。なんだか入札もそこそこになってしまった。まあ今日はオヤジがかなり買うことになるだろうから、ワタシまで買ったらそれはそれでタイヘンなことになる。すでに昨日の市会で買った本はカーゴ半分に達していた。

すぐ店に戻り、ご送金いただいた分の荷造り。久しぶりに本の整理、と忙しくすごす。夕方になってネット銀行から振込み拒否の知らせが入った。該当口座なしだそうな(--;。何度も確認したがどこにも間違いは無い。まるで嫌がらせ。実名を出すと中傷と言われそうだからあえて伏せるけど、ひどいもんですな(^^;。
ここでなぜか冷静になれた。マイナスxマイナスでプラスになったか(^^;。請求書と現金をつかんで建築屋さんへ直接支払いに行った。領収書とタオルまで頂いた。最初からこうすればよかった。もうこの”振込み拒否金融機関”を信用しないことにした。あえて名は伏す。

深夜、昨日買ったDVDを1枚見る。

2003-11-22 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事