今日も1日店


朝は8時過ぎに起きる。

部屋の改装が終わって今度は一時ダンボール箱に入れて避難させていた荷物を徐々に戻すことになった。
そのまま戻すのでは芸が無い。せっかくだからいろいろ考えながら戻したい。要るものと要らないもの。また、手元に置いたほうがいいものと相でもないものに分けて考えたい。少し片付いて余裕が出来たこともあり、某有名通販会社が発行しているカタログから棚を二つ発注した。今日の午前中に届き、早速女房が息子と一緒になって小さい方を組み立てた。

TVの上の空間を埋める鉄パイプで出来た比較的華奢な棚。あまり重いものは載せられない、となると本は駄目。文房具のあまり重くないものをいくつか置いたら「あとはどうしよう・・・?」となってしまったらしい(^^;。先に載せたいものがあったわけでもなく、工事が終了するまでのしばらくの間に棚のない不便さに慣れてしまっていたのかもしれない(^^;。
そうなると棚も無駄になってしまうのかしら。まあいいさ。

もうひとつの棚は本棚。ちゃんとした木製で、配送から届いた段ボール箱はかなり大きくて重かった。3階まで上げるのに一苦労する。まだ開梱していないのだけど、もしかしたら作っても入れる本が無いなんてことになるかも・・・な(^^;。

少し落ち着いた気持ちで丸1日オークションの出品作業に当たる。とにかくネタはすでにたくさん買ってある。入力する時間がほとんど取れない日が10日くらい続いてしまった。遅れを取り戻すためにもがんばって仕事仕事♪。

夕食はさんま鍋。鍋物に付き物の水菜なのだけど、最近息子も女房もあまり好きじゃなくなった、という。サラダならおいしいのだそうだけども。代わりに買ってきたのが「豆苗」。とうみょうと読む。グリーンピースのかいわれ大根といった感じ。言い換えると発芽したえんどう豆。青々としてとても元気がよさそうで、茎も背が高く、可食部分も多い。鍋に入れてもクセの無い味で水菜の青臭さに嫌気がさしていた子供たちもウマイと言って食べる食べる。あっという間に豆苗はなくなってしまった。かなり入った一袋で100円と激安。鍋物の時にはお試しあれ。

夕食後はオークション落札品のメール書き。少しまとまった数は久しぶりかも。いつもありがとうございます。

2003-11-19 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事