1日店


朝起きて快晴。

昨夜どんなに遅く寝ても子供たちが学校へ行く以上朝は決まった時間に叩き起こされる。子供部屋が無いということは夫婦の部屋なんてのも無いわけで、子供起きればワタシも起きるしかない(^^;。
起きたはいいけど二日酔い。のろのろと昨日いただいたご注文品のメール書きから始める。2日間店をあけると、いや、休日が入ったから3日あけたことになるのか、店の棚の様子がちょっとわかりにくくなっている。そんな日に限ってお電話でもご注文を頂き、わたわたする(^^;。どうもスミマセン。
女房の家事が一段落してから店をあけ、そのまま女房に店番に座ってもらった。今日はオヤジたちが休みの日。これだけ晴れればまたどこぞの山へ嬉々として出かけたことだろう(^^;。
ワタシは2日間でたまってしまった発送荷物を荷造る。やっと発送しに山ほど抱えて郵便局へ持っていくと郵便のところが行列になっていたりして(^^;。やはり彼か。イライラ。

女房には先日の愛書会展で回収した封筒整理をしてもらう。一段落してからは本の入力をお願い。オヤジが愛書会の売れ残りをデータ入力用に整え始めたので、女房の仕事は増える一方だ。ワタシはオークション出品作業。先週今週と自分の仕事がほとんど出来ず、売り上げも落ちていた。

娘の幼稚園で懇談会があったりして女房の仕事はたびたび中断される。ワタシも女房もここのところ時間的余裕が無い生活が続いている。
17時直前にも荷物を抱えて郵便局へ。やっぱり郵便のところが行列。窓口にはやっぱり彼。もはやあきらめた(^^;。下手に期待をするから裏切られる。最初から期待をしなければ少なくとも裏切られることは無い。

夕食後は疲れているのか猛烈な睡魔に襲われる。仕事を中断して15分仮眠。少しだけアタマが覚醒し、トータス氏のラジオを聴きながら仕事を続行した。

2003-11-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事