雨雨。


三連休も今日で(やっと)終わり。

とにかく週の半分も金融機関が機能しないなんて、経済停滞の元凶だよ、まったく・・・(^^;。銀行の振込み機能だけでもネット利用なら年中無休24時間受付・即決済にしてくれれば別に何連休しようがモンクはないのだけど・・・ネ。当然技術的には簡単に出来ることのはず。あとは金融機関に社会的責任を果たすヤル気があるかどうかです。
明るい兆しの見え始めた日本を失速させないためにも、ゼヒ決済完全リアルタイム実施をお願いしたい。

この間見た「マトリックス・リローデッド」の映画としての感想は散々なものだったけど、ひとつだけ”ほぉーっ”と感心した世界観が述べられていた。それは、機械を使おうが、機械に使われようが、どの道人間は機械なしにはもう生きていけない、というものだ。
自分では機械を使っていると思っていても、実際機械が無ければ何も成す事が出来なくなっている状況では、それは本当に機械を制御していると言えるのか、ということ。前作「マトリックス」の世界観がスゴイのは、現代社会が現在の方向性で突き詰められていった先には、やっぱりマトリックス的世界が待っているような気がしてしまう点にある。

先日の夕刊に「石器時代は石がなくなったから終わったのではない」というような趣旨のコラムが載っていた。現代は言ってみれば石油時代だが、石油が枯渇するまでこの文明を続けるつもりではなく、人間が自ら技術を進める事で石油時代を終焉に近づけていることを述べたもの。かの石油ショックを演出した産油国の元大臣が、危機感を込めて新たなる技術”燃料電池”出現について語っていた。
ちなみに原発が次世代代替エネルギーとならないのは、燃料となるウランを原発用に精製するまで多量のエネルギー(この場合は石油)を必要とするため。エネルギー変換率は結局石油がダントツに高い。燃料電池はその変換率の壁に迫ったのだろう。

話がそれた(^^;けど、機械も技術もまるでそれ自体が意思を持っているかのように確実に前へ前へ進んでいく。マトリックス的に言えば、人間に寄生して性能を”発達”させてもらい、ある到達点に達した時突如”覚醒”して人間に飛び掛って滅ぼしてしまえ、って感じになるのかしら(^^;。

雨で機嫌が悪いからか、話が暗くなってしまった・・・(^^;。確かにウチの店もPCとネットが無ければすでにタチユキマセン。

2003-11-04 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事