市場へ


朝から晴れ。

なんだか朝から暖かい。ぽかぽかした感じ。
昨日録画してもらったトリビアを見ながら女房と一緒に朝ごはん。
食後は早速仕事に取り掛かる。発送待ちの荷が積み上がっていた。

一区切り付いたので、今日入力する本をデジカメで撮影。昼飯を挟んでいざ仕事開始、と思っていたらケータイが鳴った。「今日もいっぱい出てるよ」Mさんだった。あいよ、了解。とすぐに神保町まで出掛けることにした。最近木曜日は一口が相次いで活気に満ちている。たまには元気をもらいに市場へ行かなければ、ネ(^^)。オヤジは「また本が増えるのか」と渋い顔。全部売ってみせるからサ、とワタシ。

電車の中で先日の森山大道展で買ってきた「犬の記憶」を読む。この本を読んで森山氏の写真がどうして難解なのかが少し判った。氏の文章は非常に詩的で、観念的なことを書きながらも情景がアタマに浮かぶような。また、情景を描写していながらも氏の心象風景を描いているような風。とにかく氏の写真を理解しようとするならまずこの文章を一読しなければ難しいと思われた。
ポーンと投げ出された一枚の写真。これだけではどう見たらいいか正直迷ってしまうが、この本で氏の心象風景を垣間見ると、なぜ、このプリントが生み出されてくるのか、が、少しだけ理解できる。
ワタシは生まれてこの方、この地を離れて暮らしたことが無い。そういう人間にはおおよそ理解できない心の奥底の感情が氏の写真には込められている。旅人の視線。

入札を終えて店に戻ると、オヤジも仕入れに出掛けていて留守だった。気が付けば外は真っ暗で今にも雨が降りそうだった。17時が近づいていたので今日発送分の追加を急いで荷造りしていると電話が鳴った。世界最大のネット書店Aからだった。
当社が古本販売も始めているのをご存知ですか。から始まって、どうしてプロ契約をしないのか、という話から、他のネット販売網には加盟しているのか、ということなど、商売上のノウハウに抵触することまで細かく聞かれた。ウチみたいな吹けば飛ぶよな個人商店にまでセールスの電話を掛けてくるなんて、思うように売り上げが伸びていないのだろうか・・・(^^;。
これだけ販売の方法が多種多様になっているのだからウチもいろいろ考える。A社の賦課金は何処よりも高額なので店で売れない本を意識的に投入するにとどめている。

商売のキモは経費使わずアタマを使うこと。

2003-10-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事