秋のぶどう狩り その2


お土産用にぶどうを買おうと思い、並んでいる数種類のぶどうを物色。さっき試食で食べさせてもらったのが「甲斐路」。ピオーネよりも粒の小さいのが「ベリーA」だそうな。

部長のHIDEさんはさっきから「藤稔」と書かれた粒のひときわでかい巨峰に御執心。「なんて読むのかなー、アレ」「フジミノル?」「なんか人の名前みたいだね」「そうだ、作った人の名前なんだよ」「気になるなぁー」と勝手に話はズレていく(^^;。片田園の奥様によれば「フジミノリ」と読んで、作った人の名前ではないそうだ。

ウチのお土産に甲斐路を1kgと、皮ごと食べられるベッテル・ビアンコの少し高級な種類のを買う。結構たっぷりで1600円。このうまさなら安いかも。

「今日は天気が良くてよかったですね。これからどちらへ行かれるんですか?」と奥様に言われるが、一行はすぐに勝沼を後にし、相模湖ピクニックランドへ向かう。ワタシの車の助手席にはSちゃんが乗る。道中あれこれ話ながら中央道を東京方面へ。・・あれ?相模湖ピクニックランドってどこで降りればいいんだっけ・・。ちゃんと聞いていなかったし、行ったことも無かった。行きの道中、”相模湖東”と”相模湖”インターがあることをぼんやり覚えていたのだけど、「どっちで降りればいいの?」とSちゃんに電話で幹事車に聞いてもらう。帰ってきた答えは「カーナビないんスか?」(^^;。ウチのクルマは安全上停車していないと操作できないんだよー(^^;。「なんか相模湖東みたいですよ」という結論に。その言葉を信じて相模湖ICを通過。ところが相模湖東出口が無いうちにクルマは小仏トンネルに差し掛かった(^^;。ありゃ?おかしいなー。どうやら上り線には相模湖東出口は無いらしかった。・・・しまった。後続のクルマに相模湖で降りるように電話で伝えてもらうと、「相模湖インターで降りたそうですよ(^^;。」とのこと。ダマサレター。

小仏トンネルを通過中、部長のクルマが覆面に捕まったとの情報が入ってくる(^^;。え?捕まっちゃったんですか・・・。そんなこんなしながら、ワタシのクルマは山越えを終えて八王子へと差し掛かっていた。

八王子出口で降りて即Uターン。相模湖まで引返す。幸い道はすいていたので10分ほどで到着。相模湖の道を走り大橋を渡る。「ブラックバス釣り」のデカイ看板。ワカサギ釣りもシーズンだし、誘惑の多い道だ(^^;。

2003-10-20 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事