家族旅行初日1


朝は6時に目覚ましが鳴る。今日から夏の旅行第二弾。よく行くなぁ、とは思う(^^;。今回はまたも石和温泉だ。昨日の天気予報では2日間とも雨だという(^^;;。

例によって朝飯はクルマの中で摂ることにし、まずは出発準備。メールチェックをしてできるだけ出発までに仕事をする。ご注文を数件いただいていたので、本を店の棚から取り揃えてメール書き。いつもご注文ありがとうございます。

外は雨。時折強く降りながらも徐々に弱くなっているような気がする。にしても7月の旅行も出発は雨だった(^^;。カメラの用意をして、今回はPCをディパックに突っ込み、同行させることにした。もちろん、宿で日記を書くための行動(^^;。前回1日分4千字、2日分8千字を1日で書いて仕事に支障をきたしたため、少しでも帰宅後の時間節約をしたいため(^^;。(この日記は宿で書いている)

車庫からクルマをまわし、ゴミ出しと荷物積み込みの間も雨は降り続いている。こりゃ大変な天気に当たったな、と思ったけど、宿の予約をしているから変更はできない。そのまま出かけた。時計を見ると8時前だった。
東京側の多摩沿線道路を西へひた走り、途中狛江のあたりから北上。国領駅前の踏み切り渋滞をやっと抜けて甲州街道へ出る。2kmほど西へ行くとすぐに調布ICがあった。ETCの入り口が一般と共通で通過がスムーズに行かず、これじゃ意味がないだろうに、と思ったり。

例によってアンパンマンのCDをかけ、途中石川PAで休憩を取る。八王子から先の山道は子供たちの大合唱を聞きながら談合坂を無事通過。笹子トンネルを抜ければ勝沼ICまではすぐそこだ。いつの間にか雲が切れ、なんと青空が広がっていた。
旅行会社に予約したのは夏休みプラン。契約してある農園でのブドウ食べ放題券がついていた。ナビに登録して走っている間にも、次々に個人経営と思われるブドウ園の前を通過する。手招きされるのを振り切って1kmほど進むと目的地到着。大きな看板でわかりやすかった。大型バス専用駐車場もあったりするから団体さんも飲み込める規模なのだろう。到着はちょうど10時。

どうやらウチらが一番客。整理券を渡すと入場券をくれた。「あと500円追加すると巨峰食べ放題に変更できますが」と薦められるも、女房たちは酸味の少ないデラウェアの方がむしろ好きだという理由で変更なしとなる。

2003-08-29 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事