今日も1日店


快晴。今日も暑くなりそうな空。

朝は風が吹いていたりしてまだ暑さもそれほどではない。今日は日曜だけど事情があって休み返上。今日も仕事である。

女房は子供たちを連れて朝8時半から学校へ。今日は地域の建築屋さんの組合主催で「親と子の工作教室」が開かれるのだそうだ。何を作ってくるのかな?「本箱だよ」と言っていたけど。
少し早めの朝食を食べたら、日曜日だしのんびりすることにした。昨日の昼間やっていた「踊る」のスペシャル再放送を見る。うーん、今見るとストーリーと演出の面白みに欠けるなあ。最後のクレジットを見ると演出が本広監督ではなかった。そのせいなんだろうか。

店を開ける。気持ちに余裕があったからか、暑かったからか、店の前のタバコ吸殻ごみを掃除した後に打ち水。都が主催して100万人打ち水実験計画というのがあったそうだが、都民全体で打ち水をすると真夏の気温を2度も下げることができるという。これはものすごい数字で、水の気化熱を奪う作用の大きさに感心した。何といっても、科学的裏付けなどのない時代からこの打ち水を習慣化していた江戸の人は偉いと思うね。
少々後ろめたさを感じながらクーラーのスイッチを入れる(^^;。いやあ、自堕落自堕落・・。

お昼前、汗だく状態で女房と子供たちが帰ってくる。「ひやー、涼しいねぇ」と子供たち。いやいや、外でたっぷり汗をかいて水飲んで昼寝ってほうが健康的でいいよ。そう思ったら身体がうずうずしてきた。仕事なんてやってらんないよ、という気分がムクムクと湧き上ってくる。あわてて打ち消す(^^;。

午後は店で本のデータ打ち込み作業。お茶の時間にお隣からいただいたパンをいただいた。パンって言ってもただのパンじゃありませんよ。ちゃんとした焼き立てパンのお店のものです。これを少しトーストしてから食べるとうまいんだ。熱いお茶と一緒にいただくと汗がどっと出た。ま。夏はこうでないとな。

最近はお盆休みから少しずらして夏休みを取られる方が増えた様子で、ご送金待ちの荷物が山二つになってきた。それでも、ネットバンクで今日ご送金いただいた分がいくつか出たので、郵便局の集荷をお願いする。集荷という技を覚えてから隣駅までダンボールをいくつも抱えて歩く必要がなくなった。

夕食は茶そばとご近所の方にいただいた茗荷のてんぷら。このほろ苦さがいいよね。

もろきゅうに発泡酒。夏を楽しんでいる。

2003-08-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事