新宿へ


朝は7時起き。仕事。

8時過ぎから朝食。昨夜録画した「トリビア」を見る。

9時過ぎに新宿へ向かう。今日から始まる古書展のため。新宿駅から目抜き通りを歩く。まだ午前中だからか、人もまばらでスイスイ歩ける。
6階の古書展会場へ入る。なるほどそれなりの人の入り。さすがに初日だ。
会場をひとまわりしながら猟書。アレもコレも買える♪。あ。この本久しぶり、というのもいくつか。たっぷり一抱えになったあと、抽選結果を聞きに行くと2点当てていただいていた。清算すると○万円ほど。背負っていたバックと手提げにわけて持ち帰ることにした。

にしても、デパート展は何処も相なのか、バック持込み自由(^^;。古書会館の古書展がバック持込みを神経質なまでに制限しているのとは非常に対照的だ。むしろ、館内アナウンスで「貴重品の入ったバックはお手許から離さないようにお願いいたします」なんてのが入るほど(^^;。これって○○し放題ってことにならないのでしょうかね・・・。もちろんお客様の良心を信じたいですけれども。
ま。たまさか○○した本を新古書店に持ち込んでも「古すぎてお値段になりません」って言われると思うけど。

レジのお姉さんに断ってからディパックに大型本を突っ込んで背負う。(^^;ウっ。しまった。肩が日焼けから回復していなかった・・・(^^;。

デパートを出てどこかで昼飯を、と思い、ファスト系を探すも新宿というのはあまり馴染みのない街だけに何処に何があるのかイマイチつかめない。そうそう、フィルムを買わなければ、と思い、西口のYへ行ったのが運の尽き。西口はランチの場所を求めるサラリーマンの方々で何処も彼処も行列が出来ていた・・・(^^;。その間も肩から、提げた右手から悲鳴が聞こえてくる。ま。よく歩きましたよ。

結局荷物の重さに負けた。何も食べずに店まで帰ってきてしまった。いつものようにウチの前のスーパーで弁当を買って食べた(^^;。
せっかく出かけても本屋は目的なく出かけるわけではないから、大抵帰り道は荷物を抱えている。行きは時間に追われて急ぎ、帰りは荷物に負ける。結局ゆったりと本でも読みながら移動、というふうにはなりにくい。意地でも今日は行き帰り本を読んだけどネ!

昼飯後、荷造り多数。終わってから仕入れ。そのまま東京古書会館へ出品作業。まるでゆっくりと机に座れない1日(^^;。

明日は明古。

2003-08-07 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事