家族旅行二日目4


クルマに乗り込む。ナビの目的地を”自宅”にすると122kmの表示。

まだお土産を買っていなかったので、昨日寄った道の駅へ駐車。ついでにさっき飲んだ”伊豆地ビール”があれば買おうと思っていた。ウチに買って帰るお土産の選定は女房に任せ、ワタシはビールを求めて店の中をうろついた。ところが、”伊豆高原ビール”はあったが、さっき飲んだビールは置いていなかった。ううむ、ここで買えなければ他で売っているとは思えないなぁ。伊豆高原ビールはなんともデリケートな製品らしく、「お帰りが1時間以上かかるようでしたら保冷材をお使い下さい」とポップに書いてある。味が変わってしまうのだそうだ。逆にその言葉で興が冷めた。そんな高級なビールを飲める身分ではないもの。

女房の所に戻ると「ヤマモモのゴーフレット」を選んだそうな。なるほど、これは他では見ないね。

中央の吹き抜けでは海産物を力いっぱい売っていたけど、どうも買って帰る気にならない。食べればきっとおいしいに決まっているんだけど、こういうものはここで食べるからおいしいんじゃないか、と。買って帰ってもお土産として少し高く設定された金額分までウチでは味わいつくせない気がしてしまうのだ。楽しかった・おいしかった想いはこの場所に置いて帰りたい。また来たときに思い出として甦ってくれればそのほうが本当のような気がするから。・・・これって逆にゼータクなのかもしれないけれど(^^;。

熱海道路はもちろん、心配された真鶴道路も渋滞なし。アンパンマンの歌を聞きながら、あっという間に海老名SAまで戻ってきた。店に電話をするとオヤジの声。仕事が溜まっているらしかった。

川崎ICで降り、近くのファミレスで夕食。19時に帰宅した。「焼けたねぇ」とオヤジ。え?と鏡を見る。確かに顔が真っ赤だった。晴れたのは伊豆だけ?予報さえ覆す”晴れ男”か”晴れ女”が居るんだね。

早速PCを立ち上げる。メールボックスには100通近いメールが入っていた。皆様、いつもありがとうございます!

仕事と日記書きで就寝は2時。

2003-08-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事