家族旅行二日目3


食後、山の向こう側に無料のアスレチック施設があるというので向かった。

巨大なローラー滑り台が山の斜面に屹立していた。足元には滑り台用のウレタンシートが備え付けてあった。スピードが出そうだな。高いところが苦手な女房。今回も見学かなと思いきや、え?やるの(^^;?
4人で台に登り、息子、娘、ワタシ、女房の順で滑り出す。息子は手馴れたものでさっさと滑り降りていく。娘は後ろを気にしながら、スピードを気にしながらワタシの前をゆっくりと降りていた。それに合わせてゆっくり降りていたワタシの後ろから「キャー(^^)」という声とともに女房がイキオイ良く滑ってきた。シートを敷いていたからスピードの調節がうまくいかないらしかった。ドスン、とワタシに衝突。良かったね、前が知らない人じゃなくて(^^;。
もともと女房は遊園地のジェットコースター系が嫌いだった。もうやめるかな、と思いきや「もう一回やる?」(^^;じゃ、もう一回やりますか・・・。

滑り終わったあと、アスレチックゾーンへ移動。木と網を組み合わせた課題に次々挑戦。日ごろの運動不足を実感する瞬間(^^;。動くと思っていた筋肉が動かない。とにかくゆっくり。でないと危ない課題がいくつもあった。
アスレチックが終わったあと、最後に子どもたちとゴーカートに乗って終了。帰ることにした。昼ごろにはあんなに居たほかのお客さんはいつの間にか帰っていたのか、ガラガラになっていた。

ゲートを出てから、入場券に書いてある「サービスくじ引き」に惹かれ、地場産業直売所のような施設まで歩いた。行ってみると「やってんの?ここ?」と息子が言うくらい誰も居ない。入るの?そうか、入るのか、勇気あるね(^^;。只でくじ引きに滅法弱い女房だった。

入ってみると結構広い中に商品が並んでいる。女の店員さんがお二人。お客は我々だけだった。3回福引マシンを回すと300円分のお買い物券が当たった。地元で作ったというアイスクリームがあったので二つ買う。「ソフトクリームもありますけど・・・」と店員さん。値段を見ると単価はアイスよりも50円安かった。そのままアイスを買ったけど、お客の都合を優先する接客に好感を持った。
緑茶とゴマアイス。ベンチに座って食べ始める。4人で2個はあっという間に無くなった(^^;。こういうのみんな好きだねぇ。確かにおいしかった。どうしてこんなに客が居ないんだろう。

2003-08-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事