家族旅行二日目1


朝は目覚ましもないのに6時半に目が醒めた。薄曇。

旅行だとゆっくり寝られない性分のようだ(^^;。いつも、どこでもそう。ゆっくり寝たいと思う反面、ゆっくり寝てられないという貧乏根性があるのだろうか。起きて何をするわけでもないんだけどなぁ。

TVをつけると昨日夜と同じニュースソースを繰り返し繰り返し伝えていた。あれ?と、最初は既視感かと思ってぎょっとしたけど、良く考えたら昨夜から何か大ニュースでもない限り伝える事がそもそも無いのは道理。最初は見ていたけどすぐに飽きて横になった。

しばらくして7時が過ぎたので女房を起こす。朝食は8時の予定なので、子どもたちもしばらくして起こす。身支度してから食堂へ。昨日マグロの頬肉が乗っていた場所にはアジの開きがあった。
火で炙っているうちに身が焼き網にくっついてしまった(^^;。もう少し焼ければ自然に離れるんだろうに、無理して裏返そうとするものだからベリッと身と皮が分離してしまったり(^^;。網ごとひっくり返したりしてなんとか火を通し、食べてみるとウマイウマイ(^^)。やっぱり伊東は干物が名産なんだなぁ。
おひつに入っていたご飯はすべて平らげ、女房からも子どもたちからも「良く食べるねぇ」と言われた。朝飯が一番おいしいと思えるのが健康なんだぞ、と反論。どうもワタシ以外は低血圧家族らしいな(^^;。

空は見る見る晴れてきた。食後、子どもたちのたっての希望で再びプールへ。昨日ちゃんと宿の人がプールの水を抜き、ブラシをかけていた。夜のうちに水を張っていたからキレイな状態で気持ちよく入れるはず。飯といい、風呂といい、プールといい、対応が細やかで気持ちがいい。9時半に上がってくるように伝え、ワタシは1人部屋でTVである。
普段ならバリバリ仕事をしている時間にこうして横になってTVを見ていると、なんだかいたたまれない気持ちになる。店に帰れば必ず仕事が待っていてくれるのにこうしてサボっていていいのかしら、という不安にも似た妙な心持ちだった。これって仕事病?(^^;働いていると安心してしまう自分。とても長期休暇なんて取れそうもない。

チェックアウトは10時。昨夜は地下駐車場に収容されていたクルマがチェックアウトにあわせて玄関先に回してくれていた。なんとも細やかな配慮。気持ちよくチェックアウトし、いまや快晴となった空のもと、今日の目的地へ向かうことにした。

2003-08-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事