下見日二日目


朝は9時半集合。

今日もスーツ着だが、下見会終了の17時より、明日の入札会に備えて会場をどんでん返しする仕事が待っている。TシャツとGパンを忍ばせたいつものディパックを肩から提げる。

下見の時間、経営員は1階で受付業務を交代でしたり、会場を見回ったりして過ごす。お客様に入札の依頼を受けている者も居た(さすがだね・・・)。この時間を有効に使うかどうかで明日1日が決まってくるだけに、終了時間が近づくに連れて会場内の雰囲気が殺気立ってくるような気がした。
ワタシは皆を巻き込んで明日の段取りを少しずつ検討する。検討しながらも、今日の17時からの仕事をアタマの中で確認していた。

16時半。そろそろ仕事開始だ。経営員に集合をかけ、7階で着替え。その場でこれからの仕事の流れを説明する。
そして17時。いよいよ仕事開始。まず1階に用意してあったカーゴ29台と5階に置いてあったダンボール箱を3階と4階に振り分けた。すべて明日の入札会で使用される出品記号(アルファベット順)に並べ替える必要があり、各フロアで品物を収納するカーゴが大量に使用するためだ。ダンボール箱をうまく使って間仕切りし、カーゴ収納を立体的に活用する。
各階で積み込まれた荷物は5階に上げ、そこですべての荷物をアルファベットの記号別に合体させる。我々がその作業を行っている間、舞台屋さんは3階と4階を入札会場へ変身させる作業中。このヒマを利用してあわただしく食事を摂る。
20時。変身が出来次第、各階に散らばっている記号Aの荷物約700点を2階に。3階にB,C,Dの荷物約400点、2階幅物の荷物第一回分を展示する。

作業終了は22時過ぎ。さすがに飲みに行こうという人は居らず、そのまま帰路につく。

帰宅して仕事をしているうちに2時・・・(^^;。

2003-07-23 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事