亀山湖へ


寝不足だから行かなきゃいいのに亀山湖。

深夜2時起き。シャワーを浴びてから用意をし、コンビニで食料を買い込んでクルマで出かける。時に3時。首都高から東関東道、京葉道、館山道と乗り継ぎ、姉崎ICで出る。4:08。あとは久留里街道をひたすら南下。久留里の手前から夜は白々と明けてきたが雨模様に変わった。

出船は5時前。吐く息が真っ白。雨で上着と雨具を4枚着込んだが寒い。この時期はアフター・スポーンで釣りにくいんじゃないだろうか、と心配しながら開始。案の定島裏を一回りするもアタリをもらえない。ちょっと発想を変えて笹川合流点そばの藪を攻めてみることにした。これが当たった。立て続けに28cm、33cmが釣れた。リリースするとき湖水に手を付けると気温より温かだった。

風が強く、霧雨が横殴りで顔に当たる。8時前だったが眠くなってきたので風裏を選んでボートを固定し横になる。目が醒めたのは9時半。携帯コンロで湯を沸かし、買ってきたカップ麺を食べた。何よりも温いのがうれしい。雨は降ったり止んだりを繰り返していた。

10時前に釣りを再開するもなかなか釣れず。島周りをグルグルしたが反応は今ひとつ。どうもコイの繁殖期らしく、あちこちで群れたコイの大群を見る。突然水面がゴボッと音を立てて揺れるのは彼らの仕業。つい多摩川での経験を生かしてちょっかいを出してしまうが、ここのコイは無反応。よほどえさが豊富と見える。

お昼になって島裏のいつもの場所で28cmが釣れる。もう釣る場所がない、と思い、笹川を少し上ったところで24cmを追加。時に14時。
あとはブラブラとしているうちにアタリをもらうものの乗らないのが2回ほど。17時に納竿。雨は途中から止んでいた。

帰路は久留里手前から広域農道をぶっ飛ばす。アクアラインも空いており、海ほたるで停車。お土産にイカの塩辛と房州名産びわ羊羹を買ってから東京湾をくぐる。近所のスタンドでガソリンを入れ、帰宅は19時。

PCをあけてビックリ。サーバーが止まっている・・・(^^;。

めげずに仕事。結局今夜も日付が変わってしまった。

2003-05-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事