横浜良書市


朝は6時起きして仕事。発送荷物が積み上がる。

9時少し前に近くのATMから振込みをしたりして。
すぐに東横線に乗り、反町へ。今日は神奈川組合の良書市が開催される。駅前でヴァニラ・カフェ。目を醒まそうと。

9:40には到着。開札は11時から。階段の方にまで品物が陳列されている。さあ、早速入札開始。ウチの店向きの本がいくつか出品されていた。
入札する方が多くて開札時間は11時を15分繰り下げられながらも、開札開始。ワタシは今日1日事業部のアルバイトである。最初はこの札が誰のものかがわからずに戸惑う感じだったけど、すぐに慣れた。ボー抜きの方法も東京とは違い、札には記号と番号のみ記入する。これは会場あとの方にある出品物の荷主がわからないようにするための措置とか。

開札は順調。昼前に半分まで開け切り、12時少し前から昼食。横浜では有名なとんかつ屋さんの仕出し。その昔オヤジが横浜で古書展に出展していた頃、片付けの手伝いをして夕食は馬車道にあるこの店だった。そんなことを思い出しながら咀嚼する。もちろんおいしかった。

午後も開札は続く。東京の方の札は少なく、意外にワタシの札での落札が相次ぐ。終わってみれば8点落ちた。また店にある本の嵩が高くなるのか・・・(^^;。やらなきゃな、仕事。
1階にはガイモノが出品されており、ワタシともうお一人で作業。結構大変な作業(^^;。すべて処理し終わり、2階へ上がると都内の方の発送荷物が落札者ごとに山になっていた。梱包して発送できる形にする。
理事長と立ち話を30分ほど。
3階ではヌキがつけ終わり、封筒作業をしていた。結果として荷主表と出品点数を確認することで避けられた作業を30分ほど。

終了後、近所の中華で打ち上げ会。ワタシもお誘いを受ける。焼酎をしこたまご馳走になる(^^;。ありがとうございました。

店に戻ったのは11時前。それから仕事仕事仕事で2時(^^;。

2003-05-13 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事