1日店。


大変な量の本が店の棚をふさいでいる(^^;。

困ったもんだ。レジ横の棚なんて今年の正月前から塞がったままだ。よくそんな状態を放置しているよなぁ・・・。

本が売れないから、というよりも入ってくる本が多い(^^;。あんまりもったいないから、と何でも取って置くのが原因だ。とはいえ、もともと本屋というのは”もったいない”と思い、本を捨てずに売るから商売になるのであって、その精神は大事だ。(ダメなものは常に捨てるべきだけども)
同じような本を扱う人が市場で自分の欲しい本に入札し、札がかち合うとする。短期的に見ればライバルの出現で商売がやりにくくなったようにも思えるが、ウチで売れない本を市場に出したとき、その人が買ってくれるという期待が生じる。長い目で見れば似た価値観を持った人が同業で他にもいるのは心強いことになる。
前置きが長くなったけど、要は本があふれたら市場へ出せ、ということなのよ(^^;。やらなきゃならない仕事はどんどん増えていく。一言で言えば”忙しい”になるけど、単純に、だったら人を増やせばいいかというとそうはいかない(^^;。人を増やした分だけ売り上げが増えるわけではないからだ。

そんなわけで、今日も1日コツコツと仕事を続けていくわけで・・・。

幸いにして(^^;お店はガラガラ。連休の中日だけに店を開けておいても仕方ない状態。妙に店の中が蒸す天気。外は風が気持ちよいのだけども。

おやつに近くの御菓子屋さんで買ってきた手作り柏餅を食べる。なんだか手づくりのものは久しぶり。小さい頃からここの柏餅がウチのスタンダードだった。餅は正真正銘。餡子もたっぷりで食べ応え充分。スーパーのパックだと日持ちするようにいろいろと薬が入っているものだから、肝心の餅の滑らかさが出ない。本物はやはりおいしい。

本の整理をただひたすらしていると、”にっぽん劇場写真帖”にご注文を頂いた。いいこともあるGW(^^)。ありがとうございます。

2003-05-04 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事