フォロー


昨日判明した重大事件の波紋。

気が付いた瞬間からなんだか居ても立ってもいられなくなり、冷や汗が出た。夜中だというのにオヤジに電話したりして。でも電話をしたら少し落ち着いた。一人で抱えてたら自爆に至る心境だったのではないだろーか。身近に話せる相手が居るのってとても幸せなことに思える。

朝からそのフォローの1日。オヤジはワタシよりも事態を重く見たのか、普段より45分も早く店に来たりして(^^;。むしろワタシは落ち着いていた。ゆっくり朝飯を食べ終わってから店に。
戦争が始まるのか避けられるのか、という時には株がズルズルと下げ続けたのに、始まると決まったらとたんに急騰したときのような心理かな。どうやら避けられない、とわかると逆に”やってやろう!”という気持ちになれるのかも。

開店後、先日の愛書会展の荷物を待つ。昼過ぎに到着したので、いつものように親子3人で荷受して倉庫へ上げる。その後、事件のフォローのために出掛けた。果たしてご相談をすると、結果はダメとわかった。原因が不明なのはこの手の事故に付き物だ。その方は三重四重のバックアップ体制を敷いているという。見習わなければ・・・。

これで決まった。やらなければならない。帰りの足取りはむしろ軽かった。

途中、カメラ屋さんで出しておいた江ノ島の写真を受け取る。ついでにフィルムを買ったりする。

戻ってきてからひたすら愛書会の発送荷物作業。楽しみにしていたYUKIのラジオは今日が最終回か。仕事は日付が変わっても続く・・・。

2003-04-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事