明古の旅行 その3


朝は7時過ぎに目が醒めた。よく晴れている。

起き上がったときにはそうでもなかったが、立ち上がってみたら身体が揺れ始めた。昨日の船の感覚が身体に残っているのかな?しばらくして頭が痛み出す。頭蓋の内側で脳が膨張し始めたような感覚。これ以上頭が大きくなってはたまらんが。
顔を洗ったり、水を飲んだり、うがいをしたりするが治らず。気分は最悪のまま8時になり、朝食の時間。ずらりと並べられた朝食のお膳を見て気持ち悪くなり、一人部屋に戻ってトイレで指を突っ込んで吐く。さっき飲んだ水と胃液しか出ず(^^;。

なにか食べて置かないと、と朝食に向かう。しその漬物とご飯。湯豆腐と玉子焼きをよぉーく噛みながら胃の中に恐る恐る入れていく。マグロのしょうゆ煮やアジの開きなど固形物は食べる気がせず。もったいない。「甘露さんがおいしそうに食べないの初めて見た」と言われる(^^;。たしかに。

朝食後部屋に戻り、事業部長からご挨拶があり、解散。旅行を続ける人、日常に戻る人、釣りを続行する人に分かれる。
ワタシは堤防での釣りに参加。宿の隣にあった釣具店で何処で何が釣れるかを教えてもらう。魚市場の先の堤防に決定。
釣りに残ったのは6人。10時半過ぎに開始。・・・ところが・・・、釣れない。投げ釣り、浮き釣りなど、あらゆる方法を試すが、以前久里浜で結構釣れたことを考えると釣れなさすぎ。Mくんにヒットと思ったら、ヒトデ(^^;。変なの釣るねぇ。

お昼が近くなる。Rくん持参のコンロセットと買出しの食材でバーベキュー大会が始まる。Hくんがクロートはだしの手捌きで焼きそばを仕上げる。「うーん、コショウが欲しかったかな」いえいえ、充分おいしいですよん。
HIDEさんとKさん、Rくん、Mくんがカルビ肉、磯辺焼きを次々仕上げてくれる。ワタシはほとんど食べるだけ(^^;。そういえば食欲が回復していた。旅館の食事もいいけど、こんないい天気の日は海のそばでの食事が気持ちいい。

14時を過ぎて結局ワタシには何も掛らず、ボーズ決定(^^;。お土産を地場産センターのような場所で買い込み、帰路に着いた。最初ノロノロだった道路も高速に入ると大きな渋滞も無く、順調に帰着。
皆さん、いい旅行をありがとうございました!きっと10年後、いい思い出としてワタシの中に残っていると思います。

晩飯を食べてから仕事仕事仕事。明日も店を留守にすることだし・・・。

2003-03-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事