本の整理


今日も朝は晴れ。

昨深夜降ろしておいた愛書会展の荷物と、未整理の本で店はグッチャグチャ(^^;。とても開店できる状態ではなかったけど、こういう日に限って午前中からお客様が・・・(^^;。とっちらかっていてスイマセン。

そんなわけで、とにかく荷物の整理を続ける。それしかない。去年からズッとそんな感じ。今年もこのまま終わってしまうような予感もする。・・・いや、それは本屋の仕事そのものじゃないか・・・(^^;。そうそう。コレがワタシの仕事です。

倉庫の荷物が愛書会分だけでも減ったので、先日買った棚を組み立てることにした。意外に簡単に組み立てられるようになっていて、付属のドライバー一本で楽々立ち上がってしまった。早速設置し、荷物を載せ始めると、あれ?思ったよりあんまり載らないね・・・。うーん、そうかぁ。やっぱりこれだけの荷物って実は嵩があるのだなぁ。載せながら今度はどこに棚を置こうか、と考えていた。

夕食は焼き魚と知り合いの方に頂いた松前漬。この松前漬が函館直送の本場モノで、昆布のとろーっとしたトロミとたくさん入ったイカにゴロゴロと入っている数の子がすごい。うまいうまいとあっという間になくなってしまう。鷹の爪が隠し味に入っているのだけど、子供たちはものともせず食べ続ける。おいおい、これは超高級品なんだぞー。
TVは所さんの職人の旅が終わって昭和53年にヒットしたナツカシの歌謡曲がかかっている。松崎茂「愛のメモリー」が流れているときに、娘が「おとーさん、このうたなんていうの?」と聞いてきた。愛のメモリーだよ。とワタシがいうと、「アイってなあに?」と聞かれてしまった・・・(^^;。うーん、難しいなぁ、とか何とか言っていると、女房が「一人の人を大好きになることよ」と助け舟。うーん、そういうものか・・・。子供相手ならそういう答えでもいいのだね。さすがは女房だね。
何でも妙に考え込んでしまうのがワタシの悪いクセ。

夕食後も本の整理を続ける。入力してデータアップ。

2003-01-22 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事