一日店


昨日店に下ろしておいた愛書会展の荷物。

最近はS運送さんが開店前にいらっしゃったりするので、朝から少し身構えたけど、到着を知らせる電話もない。

さて、今朝は息子の通う小学校で学習発表会があるというので、女房に連れられて娘とともに出掛ける。
9:30に体育館へ到着すると、息子たち3年生が舞台前に作られた雛壇に整列していた。リコーダーを中心に、ピアノ・太鼓などと合わせて合奏の披露。指揮も3年生がやったので、ちょっとバラバラ気味でハラハラしながら聞く。指揮というよりも合奏にあわせて手をふる感じ。実はワタシも中学生の時、学校の合唱で指揮をした事があり、そのときを思い出していた。ピアノに合わせて手を振っていたっけ。こういう演奏の時、指揮者がすべてを主導しなければならないことを知ったのは、中学を卒業してからだった・・・(^^;。

合奏が終わってからは、多摩川へ授業で観察に出かけたときの記録などを数人づつ発表していた。最近の小学校は進んでいて、なんとパソコンで作った絵をプロジェクターでスクリーンに映し出してのプレゼンテーションですよ。すごいなぁ。ワタシたちの頃ならきっとデカい模造紙を使ってただろうな。
なつかしの遊びを発表する、という企画もあって、お手玉で”あんたがたどこさ”を披露したり、ベーゴマ遊びを披露したり・・・。へぇー。TVゲーム世代の彼らにはこういうのが珍しいのかな?と感心した。でも、これって学習なのかな?
10時になったのを合図にワタシだけ店に戻ってきた。

今回の愛書会はいつも以上にご注文をいただけた。どうもありがとうございました。
店にかけておいた山高登氏の「本郷菊坂」の版画を下ろす。無事に嫁入り先が決まりました。
運送屋さんは午後に到着。その後は前金分を荷造り・発送作業。データの打ち込み作業。

今日はBGMをラジオにした。オヤジは気にならない様子。母親はちょっとアップテンポの曲がかかると気になるようだった。でも山下達郎氏の曲がかかると「あ。この人の声はいいねー」とのことだった。

結構好みが出るからBGMの選択も意外に難しいみたい。

2002-11-13 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事