ご入金と発送と


朝から快晴。

実はかなり眠かったけど、昨夜仕事が片付かなかったから朝からドンドン仕事をする。開店時間になって店を開けると、なかなかオヤジがやってこない。11時を過ぎたあたりで電話すると、「今日は作業をこっちでやるから行かないよ」とのこと(^^;。ん、もう。母親が来たのを契機に作業再開。

途中昼飯を挟む。昨日は娘が来年から行く幼稚園の面接に行った日だった。無事入園が決まったことを女房から聞く。結構な額の入学金(^^;。最近では2年保育よりも3年保育の方が定員も多く、実際ウチよりも1年早く入園させるのが主流とか。女房は「お弁当を作るのが少しでも短くなった方がいい」と、2年保育派(^^;。
生まれた時自分で呼吸が出来ずに保育器に入れられたウチの娘。人一倍元気な幼稚園生に来年なれることを親として喜びたい。きっと誰かが守ってくれたんだろうな。感謝。

荷造りを終えて隣駅の郵便局まで持って行く。ありゃ?雲行きがあやしい。12通を差し出して外に出ると雨(^^;。でも雲間から太陽が顔を出している。狐が嫁入りしたかしら・・・。

店に戻る途中になんだか見たことのある人がワタシの前を歩いている。あれ?Iさんじゃないですか。どうしたんですか?と、びっくり。こうしてバッタリ会ってしまってはIさんもウチの店に寄っていかないわけにはいかなくなってしまったでしょう・・・(^^;。スイマセンです。
うちのお店で母親をまじえてしばし歓談。新装開店されたお店が大変評判とのこと。すばらしいですねっ!
お土産に本をお買い上げ頂いた。ありがとうございました。助かります。

その後、近所まで仕入れ。にしてもクルマが大渋滞で到着まで時間がかかってしまった。土曜の午後は渋滞が多くて困ります。

店に戻ってからしばしボーゼン。昨日から今日にかけていろいろなことがあったなぁ。古本屋って店にいるだけじゃないからいろんな場所でいろいろな経験が出来る。いろいろな人にお会いして、運がよければ普通じゃ絶対聞けないようなお話まで聞かせてもらえる。
明治古典会の経営員をやらせて頂いているこの7年あまりの期間。ワタシはきっと普通じゃ考えられないくらいものすごい経験をしているはずだ。

それがどうして揺るぎない自信の構築へと直結していかないのだろう・・・。どこかで自分の弱さをチクチク見つめてしまう。

2002-11-02 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事