一日店


いよいよ8月もおわり。

と言うことは、学校が始まるということだ(^^)!。いやあ、めでたい。
きっとどんな親でも、毎日小学生の子供とずっと顔をあわせているとそう思うはず。

人間はそれぞれテリトリー意識を持っている。生まれた頃には全く持たなかったそういう思いも、小学生くらいになると随分と意識している気がする。子供も子供でテリトリーを持ち始めるのだ。そうなると、親と子でもお互いにある程度の距離を保って自分のテリトリーを守ろうとする。まあ、親子ならどちらかが我慢すればそれでなんとかなるものだけど、兄妹ではそうはいかないらしい(^^;。毎日毎日つまらないことで小競り合い。人が持っているものを欲しくなるらしい。その様子を見て女房がイライラするという悪循環。そういうときにつける薬はただひとつ。距離を置くこと。これしかない。

離してもいつの間にかくっついてまた小競り合い。ま。兄妹ってのはそういうものなのだろうけど(^^;。

今日はオヤジたちが最後の夏休みでお出かけしていたので、店はワタシひとり。女房も子供たちを連れて渋谷へ出かけていった。で、ワタシは木曜日に買ったある一口を黙々と整理し、データベースへと投入する作業をする。なかなか進まないねぇ(^^;。

女房が帰りに渋谷のBカメラで、家族旅行の写真を受け取ってきてくれた。マキナ67とライカM6のモノクロ写真。機械焼きなのだろうか。そのわりには硬調な写真と軟調な写真が入り混じっていたりする。いまのプリント紙はマルチを使っているのかしら。
ま。そんなことはいいとして、旅行で高揚した皆の表情を見ているとホッとする。息子はあと3年で中学に上がる。こうして家族4人揃って旅行へ出かけるのも、もうあと1、2回しかないはずだ。

晩飯はピザ屋のピザを取る。たまに食べると確かにウマイ。子供たちが風呂の間、アド街ック天国を見る。今日は江ノ島。あの江ノ島タワーはいよいよ取り壊し中だそうな。レトロはどんどん新しく生まれ変わるのだなァ。

急に江ノ島へ行きたくなってきたけど、この番組を見てる人が沢山押しかけるであろう明日行くことはないよねー(^^;。

2002-08-31 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事