金曜、でも明古なし。


朝から快晴。しかし、時折突風が吹き荒れる穏やかならざる天気。

朝から五反田まで出品に出る。金曜の上りは混んでるなァ。それでも自然渋滞だから、通過まで事故渋滞の半分の時間(25分)で済んだ。先週の金曜は事故渋滞が重なり、同じ距離を1時間もかかると言われたわけで・・・(^^;。

出品作業を終えて帰宅。目録ご注文品の荷造り発送のあと、昼飯。その後は愛書会名簿の整理である。風があるからなんとなく涼しいように錯覚してしまうが、気温はしっかり33度ある。このあいだから鈴虫の鳴き声が調子よくなってきた。あれ?鈴虫って秋に鳴くんじゃなかったっけ?

名簿整理が終わるまで、PCを置いた部屋に冷房をかける。すると、女房も子供たちも部屋に入ってきて工作やらなんやらを始める。ま。冷房代の節約にもなるからイイか・・・。って、わざわざこんな狭い部屋に一家4人が集まらなくても・・・(^^;。で、娘が膝の上に乗っかってくるんだよなー。こういうのってキライじゃないんだけど、仕事しづらいよー。

ワタシの仕事が終わるが早いか、子供たちは「千と千尋見たいー」と言い出す。一度PCを使ってDVDを見てしまえば、あとは子供たちも繰り返しには強い。早々にワタシは追い出された。

その後は本の整理と入力。とにかく夏だし、とっちらかってる倉庫の在庫品を減らさなければ、ネ!

2002-08-09 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事