亀山湖


前回は6月30日に訪れたから、一ヶ月以上の”ごぶさたぶり”(^^;さっきTVで酔っ払いのオトーさんが言ってたコトバ。

今日は船宿主催のトーナメントが開催される日で、午前中のボートはほぼ予約で一杯。沢山の方々と釣り競うことになったが、さて如何相成るか。

去年の亀山は雨不足で使いものにならなかった。今年は幸いにも減水たった1mほどと、去年の1/10で済んでいた(^^)。丁度釣りやすいくらいの水位。期待できそう。

昨日仕事の帰りに釣具屋さんで仕入れたワームを早速つけて始める。どうだろうねぇ。今までに無い形をしているから期待しているんだけど・・・。おっと、島裏で釣れましたよ。35cm(^^)。早速坊主を逃れた。どうやらバスを食べたタタリは月(ツキ)が替わって落ちたようだね(^^)。

幸先良し。その後もポチポチと釣れ続け、15:30ころまでに6匹。トーナメントは13時には終了し、真昼間の亀山湖はガラーンとする。その間に釣り切ってやる!と意気込むものの、そう簡単には釣れないのです(^^;。でもその6匹ともサイズは30cm前後でまずまず。
日が傾き、どうやらそろそろおしまいかな?と思いながら投げ続けていると、急にロッドが重くなった。うむむ、こりゃあヒットかな?合わせるとノッたようだ。うーん、重い重い!かなり深いところで食ったようだったから、ドラグを鳴らしながらゆっくり水面まで持ってくる。お。なかなかデカイぞ。釣堀と違ってタモ網なんか用意して無いから、ヨッコラセとボートに引っ張り上げる。ドシンバタンと暴れた。早速写真を撮って計ってみると、なんと念願の40cmだった(^^)!どうにか新記録を作りましたよ。
放すのがちょっと惜しかったけど、持って帰れるわけでもないし、食べればたたられる(^^;から放した。時に16:30。

17時下船。帰路につく。途中うみほたるで休憩していつものようにお土産を買う。帰宅は19:30過ぎ。

メシを食べてゆっくりしていると雷雨。ものすごい雨とカミナリの音。

2002-08-04 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事