家族旅行二日目 その2


そんな心配をしているうちに、ワタシの仕掛けにヒットした。

結構でかい!グググン、と引っ張られ、竿先のリリアン糸ごと持って行かれてしまった(^^;。どうやら食べるらしい。この調子で行ってみましょう。
女房も子供たちも”アタリ”と”アワセ”という釣りの基本がなかなか掴めないようで、何度かエサだけ持っていかれる事態を経験する。ウキをじっと見てクンっ!と不自然に動いたらアタリだからアワセてね。と言ってもなかなか出来ないようだった。
そのうちに再びワタシにヒット。アワセるとノッた。近くに用意されていたタモで掬い上げる。釣りバカの意地。面目を保つ(^^)。
しかし、その後は女房・子供たちのフォローである。釣れるまで何とかしてあげなければ。女房にも息子にも何度かアタリがあり、アワセがうまくいってノることもあるのだけど、いかんせん経験がないので糸を切られたりして釣り上げられない。ま。それでも魚とのやりとりが楽しめれば釣りの目的は達成できたも同然なんだけどね。

女房にヒット。お。来た来た。落ち着いて。どうやら釣れた。良かったねー。息子にもヒット。急いでタモを持って駆けつける。糸をたぐって網で掬う。とうとう釣れましたな(^^)。
さあて、残るは娘だけだ。ウキをじっとさせるのも難しそうだったから、ワタシがヒットするまで竿を持つことにしたのだけど「おとーさんはいーよ。じぶんでもつからー。」と手を離させようとする。負けん気が強いね。誰に似たのか・・・(^^;。
と、竿を取り合いしているうちにウキが沈み込んだ。反射的にアワセるとノった。娘にしっかり持っているんだよ。と言ってから竿を渡すと「うん、がんばるー!」と少し竿先を上に上げてしっかり鯉とやりとりしている様子。最後はワタシがタモで掬い上げたものの、これで全員が坊主にならずにすんだ。
その後、時間が来るまで釣り続け、楽しんでいるうちに時間切れ。良い印象のまま釣堀を後にする。時に12:20。

クルマで近くにあったほうとう屋さんに乗りつける。このあたりでチェーン展開しているお店だった。店内には結構お客さんが一杯で、店員さんは忙しく立ち働いていた。子供たちはとても食べきれないと思ったので、ワタシと女房がほうとうを注文。息子は「たべらんない野菜が入っているから」とおにぎりセットを注文(^^;。甲州に来たんだからほうとうを食べようヨー(^^;。

2002-08-03 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事