しばらくゆっくり


大市の後に愛書会。

準備期間を考えると、ここ1ヶ月以上はいつも何かに追い立てられるような気持ちで過ごしてきた。あとから自分でフォローできる仕事ならいいが、誰かに頼んでおかなければならない仕事では、前もって仕事と頼むタイミングまで考えておかなければならない。そういう切り詰められた時間から開放されて、今は正直すこしボケーっとして過ごしたい気分だ。

外は雨。店の仕事が溜まっていたからというせいもあったけど、先週は明古しか市場へは行けなかった。今日は久しぶりの通常市。でも、まだエンジンがかからない。前金分の荷造り発送を済ませて出てきたら、すでに開札は始っていた(^^;。

市場もソコソコに、小川町交差点際の旅行代理店で予約しておいた夏休みの宿泊券を受け取る。もうずっと前から受け取れることになっていたのだが、この2週間はどうしてもその時間が取れなかった。受け取れてなんだかホッとした。どうにか”夏”を予約できた(^^)。何故か晴れている。蒸し暑いなァ。

ここで一気に頭のネジが緩んだ(^^;らしい。淡路町から丸の内線に乗り、銀座を目指した。このあいだ見たブラックのローライ35が無性に欲しくなったのだ。数寄屋橋前から地上に出て晴海通りを歩く。エルメスの隣にコーチが入り、その隣がマツキヨの黄色い看板(^^;。随分無国籍風だね。その8階へ上がると果たしてこのあいだ見たローライは売れてすでに無かった。
ガッカリしつつもホッとしながらL社へ移動。狭いガラスケース一杯にカメラが並んでいる。ううむ、ローライ35S(ブラック!)の程度AB+を見つけてしまった。実はゾナー付きは現在手許に無い。きれいな個体なら欲しいと常々思っていた。いつもなら不意に目の前に出ても、”やめとけ”という気持ちが強力にブレーキを踏む。ところが不幸にも、今日は暑さでネジが緩んでいるから効きが悪かったらしい(^^;。
店員の女の子に出してもらう。ボディの動作はもちろん、レンズ、シャッター全速、露出計まですべてチェックする。付属のケースとストラップの状態を見せてもらい、ボディの作動感からほとんど使っていなかった個体と判断。新品のフードと一緒に買ってしまった。

ちょっと高揚した気分で店に戻り、お茶を飲んでから再び荷造り・発送作業。17時ギリギリに今日の分を郵便局から発送。

メールでのご注文が立て込む。いつもありがとうございます。

2002-07-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事