荷造り三昧


快晴。蒸し暑い(^^;。

朝店を開けるなり、見覚えのあるトラックが横付けされた。ありゃ?S運送さんだ。早くないスか?「今日はこれからH山まで行く用事があるもんですから・・・」とのこと。まあ、遅いよりはありがたいんですけどねー(^^;。
丁度自動販売機を補充するトラックが来ており、後続のクルマが来ると一旦作業中断を余儀なくされる状況。荷物を降ろし始めると、あ。やっぱり来ましたな(^^;。トラックが後でつかえたので作業中断。一回り。
降ろし終えて缶お茶を差し上げる。さて、荷物を2階へ上げる作業である。これが一仕事。でも、今回は現場で整理するべき荷物にシルシを付けておき、店頭の均一台へ並べる本をカーゴ半分ほど選んで置いた。それは上げずとしたので、多少作業は楽に済んだ。

それからは昼食を挟んで荷造り三昧である。

当初は中央市に行けるかな?なんて思っていたが、全然無理なことがわかった。送り荷物は2階に山五つ積み上がる。今回の売り上げの内、金額で7割を占める送り荷物。目録販売はまだ健在と言えるのだろうか。

3階に設置されたパソコンで書類を打ち出しているため、すべての荷物を一度3階へ上げる必要がある。セレロン333なので、そろそろ対応年数も切れるデスクトップ型。ノートに買い換えればプリンターの設置してある2階ですべての作業が出来るのだけど、それには買い替え予算の積み立てのためにもっと売り上げを作らなきゃならない(^^;。

昼過ぎから始めて21時現在で完成品はいまだ全体の1/3。書類の打ち出し作業が実は一番時間を取る。荷造りを始めてしまえば2時間ほどで終わるのだが、途中別件の荷造りなどが入ったため、ずれ込んだ。いろいろな仕事が同じレベルの重要度で平行して被さってくる。何を先に処理するべきかのとっさの判断の連続。結構疲れます。

晩飯は暑気払いのそうめん。今年は本場三輪そうめんを頂いたのでとてもおいしい。付け合せに女房が天ぷらを揚げてくれた。まいたけ、海老と野菜のかき揚げに、カツオのヅケの天ぷら。自家製のつけダレには青じそと茗荷と梅干。うーん、うまいねぇ。夏はこういう献立がピタリだ。

明日朝は台風が再びやってくるという。午後には晴れるらしいから、午前中はシャッターを閉めておきましょうかね。

2002-07-15 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事