顔合わせ会


顔合わせ会は、中企センターそばにあるビルの9階で19時から始まった。

今期経営員の主任だったOさんは新会員さんとなり、早速新幹事としててテーブルの向こう側に座られる。ワタシはいよいよ経営員の主任だ。いつの間にかこういう位置に立つこととなってしまった。自分の力で何処まで出来るのか。一生に一度。もしかしたらワタシにとって空前絶後の一番濃い一年間になるような気がする。

気持ちが引き締まるなァ。

その一方で、幹事さんと経営員の食事しながらの話は、新事業部長のチカラワザ的盛り上げもあって、各所で沸いている(^^)。今期一年、どうかよろしくお願いします。

で、二次会は神楽坂へと。経営員は一人一曲という感じ。みんな歌うまいなァ。ワタシはずっとヘタクソなまま。ま、こればっかりはしょーがない(^^;。

帰りは南北線に乗る。武蔵小杉直通最終前の白金高輪行き。もちろんガラガラだったので座る。電車が四ツ谷駅で停車した時、黒のキャミソールにヒールの高い靴を履いて、茶髪の女性が乗ってきた。傍らには小学生の男の子。ひえー、そうは見えないね、などと眠くて眼が半開きのまま呑気に彼を眺めていると、そうだよ、子供は寝る時間だぞー、と少し心配になる。いつも使っている路線なのか、「次は溜池山王ー」とか、ちょっと漢字っぽく路線図に書いてある駅名をワタシのすぐ横で読み上げる。キャミソのお母様は少し離れたところで「だめよー」とか小さくつぶやきながら様子を見ている。へぇー、漢字読めるみたいだね、と話かけようとしたら、次の六本木一丁目で親子で降りていった。これからお仕事なのだろうか・・・。大変だよなぁ。頑張ってネ。

ふらふらしながら白金高輪の終点で降り、すぐに接続の武蔵小杉行きに乗車。結構混んでいる。目黒駅で遅れているJR線との接続とかなんとかで余計に待たされ、新丸子到着は0:20頃。この接続は毎回遅れるみたい。何回も遅れを詫びるより、金曜日は特別ダイヤを組むべきでは?
ウチの店の前にある自販機でお茶を買って一気に飲み干し、さあ、仕事である(^^;。

前金分の荷造りとご注文品へのメールでのお返事。いつも有難うございます。寝たのはやっぱり2時過ぎとなる(^^;。

2002-06-29 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事