梅雨の晴れ間


朝から快晴。

昨夜は借りた「ゴッドファーザー」のDVDボックスを堪能した。これがまた長いんだ・・・(^^;。全編からファミリーというキーワードが浮かび上がってくる。3作目は少し趣向が変えられたが、1と2はストーリーもほぼ連動し、独自の世界が築き上げられている。
もう何度この映画を見ただろう。何度見ても飽きないね。ボーナストラックとして200分ほど未公開映像と製作者のメイキング番組が収録されていて、興味深く見た。飽きない理由がここからもわかる。非常に凝って作り込まれていたのだ。一人一人のキャラクターの立て方、時代背景をリアルにする為の工夫。どれを取ってもしっかり造ってある。もちろん、それだけが映画の面白さを決定付ける要素ではない。何より演出と出演者の演技だろう。アメリカ映画ではあるが、作ったコッポラ監督曰く、イタリア人の映画だというから、イタリア映画として見てもいいのかも知れない。そういう意味で言えば、3作目は少しアメリカ色が強く出てしまったのかも。印象が続かないのはそのためか。

そんなわけで、結局今朝も寝不足(^^;。今日は奈良から親戚がいらっしゃるというので少し慌しい。オヤジは南部まで大市の清算に行っており、留守。ワタシは郵便が来たので荷造り作業。母親はひたすら店番。
お店は天気が良かったからか、沢山お客様がいらっしゃり、売り上げもまずまず。どうも有難うございます。

昼食後、市場へ。月曜日出品の荷物の清算。7点中3点ボー。
店に戻って本の整理。これまたひたすらに本の整理である(^^;。これだけやっているのになかなか進まないなァ。要領が悪いんだろうか?(^^;。

2002-06-19 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事