クラフト紙とネット通販


関東地方は昨日入梅。

先日来の大量荷造りで、梱包用のクラフト紙が底をついてしまった。

月曜日に三軒茶屋の紙屋さんに発注し、今日の朝取りに行く。全紙だと大きすぎるので、半裁にしてもらう。全紙500枚の半裁で1000枚。普通はこれを1/4にして発送荷物の包装紙に使っている。大判の本には1/2。これで向こう1年は紙の心配をしなくて済む筈。いや、ネット通販が拡大すればもっと間隔が狭まる可能性だってある。

朝10時過ぎに出る。中原街道はまあまあ進んだが、環七が混んでいた。いや、それもスゴイ混みようだ。普段からこんな感じなの?お店に到着したのは11時少し前。だいぶかかったな。すずらんテープとビニールの手提げ袋を少しと、クラフト紙を買う。帰りにTVをつけると「太陽にほえろ!」をやっていた。石原裕次郎さんに松田優作さん。鬼籍に入ってしまったお二人の若いこと・・・。時間というものはホント無情にも淡々と過ぎていくものなのだなぁ。

店に戻って受注品の荷造りと前金分の荷造り。発送は母親に任せて市場へ向かう。入札するつもりはなかったけど、月曜日出品の荷物がどうなったかを確かめに。すべて売れてくれていた。ありがたい!

店に戻って再び荷造り。その後にご送金頂いた前金分の荷物を郵便局へ滑り込みで持ち込む。間に合った。

2002-06-12 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事