一日ひたすら本の整理


朝から雨。

こういう日はお店は売れない(^^;。一度暖かくなってから季節が急に逆戻りすると実際以上に温度差を感じるもの。寒い日だ。

今日から子供は春休み。早速女房に「どっか連れてってー」とねだっている。天気がよければ何処へでも行けるけど、雨だから渋谷の児童会館へ行くことになったようだ。

店を開けてからじっくりと本を整理していく。やってもやってもまだまだある(^^;。いつの間にこんなに買ったのか?
売れてくれますように、と思いながらデータベースに入力。アップ作業。少しづつ区切らないと延々本の整理だけで時間が過ぎてしまいそうだ。

子供たちがうえから降りてきた。お出かけするらしい。女房が弁当を持って降りてくる。いってらっしゃい。時折雨がやんで外が明るくなったりしたけど、結局は雨模様の一日。

カメラ本の整理・入力。まとめてご注文のお客様有。有難い。
気が付けば13時過ぎ。弁当を食べよう。向かいの自販機が今月変わった。はやりの中国緑茶を飲みながら握り飯をパクつく。

午後、哲学関係をお求めのお客様がお帰りになったあとは、再びガランとした店内。本の整理を引き続き。すると子供たちが帰ってきた。そうか、もうそんな時間か。パソコンをいじらしてくれとうるさい子供たち。たまたまケータイが鳴る。膝に乗ってきて喋らせろと手を伸ばしてくる。仕事にならない(^^;。女房は夕方の買い物をしているらしい。しばらくして帰ってきた。日曜日の写真を回収してきてくれた。見る。ロクな写真がない(^^;。まあいつものことだけど・・・。

女房が子供たちを引き取ってくれたので再び仕事。うーん、キリが無い。

オチも無い(^^;。

2002-03-26 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事