東京タワー


11年ぶり。

普段からそばは通っているのだが、東京タワー大展望台に登るのは平成3年3月3日以来のこと。その頃は子供も居なかったし、だいたいが結婚前だった(^^;。人生70年のうちでもこの10年は激動なんだろな。

日比谷線神谷町駅から飯倉交差点へ。普段通っている国道一号だ。廃ビルが放置されていたりして、かなり寂れた雰囲気。開店してるのはコンビニとチェーン店系コーヒー屋のみ(^^;。
交差点を左に曲がって東京タワー到着。現在リニューアル工事中で特別展望室には登れない。大人820円子供460円を払って展望台へ。東京タワーのマスコットの形をしたボールペンをもらった。

出来たのは昭和33年。そのときの物語はTVで見た。いざちゃんと見てみると結構細い鉄骨が組み合わせて立ち上がっている。風が強いと思ったが、別にゆれるわけでもない。よく出来てるなァ。
せっかく登った展望台。ゆっくりと見て回りたかったが、子供たちがそれを許さなかった(^^;。100円入れて見る双眼鏡を見せろ見せろとうるさかったり、ソフトクリームが食べたいとねだったり、とにかくじっとしていない。全く分煙されていないので、子供を連れている者にとっては居心地が悪い。
にしても、ここから見える風景もだいぶ変わったな。背の高いビルが多くなった。東京の一極集中はまだまだ続いている。

腹が減ったと機嫌が悪くなった子供たちに押され、2階のレストラン街に行った。確か11年前にも入った明治が経営のレストランへ。もちろん改装されきれいになっていたが、全体的なセンスはあのときのまま。席が狭かった(^^;。ワタシはエビフライカレー、女房はチキンカツ定食、子供はお子様ランチ。窓から駐車場に停まっているデロリアンが見えた。
同じフロアに土産物屋さんがズラリと並んでいるところがあったが、人もまばらで閑散としていた。お店番している人も高齢で、ここのオープン当時からずっと店を守っているのかと思うと、”一所懸命”だなぁと思う。子供二人が物珍しそうにあちこち引っ掛かっていたが買い与えず。

東京全体で見るとこのあたりは他に何にも無い場所で、ここを見終わったらどうしようかと悩むことになる。結局帰ってきてしまった(^^;。天気もよくないしね。

夕食は明日で8歳になる長男のお誕生日会。彼が生まれて早8年か・・・。子供が成長した年月分、ワタシは成長できたかな?

2002-03-03 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事