マッタリと帰り道


とりあえず南が丘牧場を出ることにした。

クルマに乗って那須塩原駅を目指す。途中、最初に見つけた蕎麦屋で食べることにした。すると、すぐに大きな駐車場を有する店にぶつかった。駐車場整理のお兄さんが二人、必死な形相をしながら我々を誘導。駐車して降りると「お食事はこちらでございますー」と大きな声でご案内。なんだかすごい迫力だね(^^;。

古い民家風の建物の中に入ると、おみやげ物売り場が半分を占め、食事する場所は結構狭い。卓袱台に座布団で10人座りざるそばを食べた。お代わり自由で850円。お支払いして外に出ようとしたらちょうど観光バスが表に到着したらしい。さっきから大きな声を張り上げていた案内係りの声が一段と大きくなる。玄関先に置いてある和菓子は那須御用邸に納入されているものらしく、「こちらが皇室御用達の和菓子でございますー!」とでかい声で何度も繰り返す(^^;。外に出ると、バスから降りてくる人一人一人に「こちらが那須で取れた長茄子のお漬物ですー!」と試食攻撃(^^;。地方では観光産業がやはり花形なのだろうなー。本屋じゃあとても暮らしていけないだろう(^^;。

で、那須塩原駅へ到着。主任とMYくんはそのまま新幹線で帰京。ワタシは「近くまで行きますよ」というRTくんの言葉に甘え、乗せてもらうことにした。西那須野塩原ICから蓮田SAまで快調な走り。ほんの1時間と少しで走り抜けた。お?ケータイが鳴ってる。HIDEさんからだった。どうもどうも。なんとか事故もなく無事に帰ってまいりました、とご報告。

神保町方面へ向かうRHくんのクルマとはここで別れ、RTくんのクルマは外環方面へ。井荻駅でIくんを降ろし、下高井戸駅付近でYくんが降り、世田谷特有の狭い道を抜けて二子玉川駅まで送ってもらった。感謝!途中、4年間通った母校の正門前を通過。随分と様子が変わっていたことに驚いた。そういえば卒業後は一度も来てなかったなぁ(^^;。

ニコタマ駅付近は若者でごった返していた。まだ二子玉川園なんていう遊園地があった頃はよく親に連れて来てもらったが、今はその面影のかけらも残っていない。駅のホームに上がると多摩川の向こう側から夕日が低く射していた。そうか、昨日の今頃駅前に何にも無い那須塩原駅に到着したのだったな。あれから丸一日か。

まるで2泊3日を皆と共にしたような気持ちだ。これからも仕事をがんばりましょう!

2002-02-25 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事