また雨かぁ


朝起きたらまだ晴れていた。

天気予報を見る。新聞は15時から雨。TVも15時から雨との予報。ソースが同じだからしょうがないけど、ホントに時報きっかりに降り出すのかね(^^;?

半信半疑ながら雨の予報なので遠出は無理。どうしようか。中途半端に晴れてるから出かけないわけにはいかない。そうだ、大倉山の梅園に行ってみよう。

東横線で大倉山へはほんの15分。駅から大倉山を登ったところに公園があり、その一部が梅園になっている。東横線が開通した頃に乗客増加の一助にと東急が作ったものらしい。12時過ぎに到着すると大倉山へ行く人はあまり居ない。あれれ?毎年この時期は人が列をなして山を目指していたものだったけど・・?まあいいや。
坂が大好きな子供たちも登り坂では話は別(^^;。何言ってんの。坂を転げ落ちることを喜んではイケナイよ。人生はね、重い荷物を背負って登り坂を歩いていくようなものなんだから・・・。

山の頂上には大倉山記念館がある。現在は横浜市が管理して貸会議室になっているが、もともとは大倉精神研究所として建てられたものだ。建築家の長野宇平治設計によるものだが、摩訶不思議な様式である。今日は和紙による色刷版画展というのが開催されていたが、何のことはない、絵葉書の即売展のようなものだった。

梅園に到着。やっぱり人は少ないなァ。屋台があれこれ出ていたけど人出がないからヒマそうだ。「ふわふわしたのがたべたーい」と娘。値段はなんと400円。無視して通過(^^;。わたあめがたこ焼きや焼きそばと同額というのはちょっとねぇ。

さて、肝心の梅は六分咲きといったところ。ここの梅は白梅が中心だが、真紅の枝垂れ梅などもあり、カメラを持った人が大勢いらしていた。段々デジカメの割合が増えてきたような気がするなぁ。ワタシは久しぶりの出動ライカM6にズミクロン35mmでスナップ写真を中心に。家族の記念写真が楽々撮れたということは、やはり普段の年よりもすいているんだね。

下山。麓のKFCに入ってフライドチキン。女房曰く「たまに食べたくなる味なんだよねー」。我々の世代は子供の頃マックやケンタッキーがあこがれの食べ物だった。今の高校生にそんなことを言っても信じてもらえないだろうが、高嶺の花だったのだ(^^;。いまじゃ安かろうの代名詞。時代は変わったなァ。

なんと15時きっかりに雨が降り出した。悪い予報は当たる。

2002-02-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事