終電まで


金曜、明古。

2月も第二週に突入。今日は要仕分荷が4口入荷し、それがかなりのウブ口だったからその流れに呼応するように持込荷も量が多い。普段は会場の半分で収まるのだが、急遽2列増設するほど市場は盛り上がった。もっとも、来週の月曜日が祝日で、その次の週に大市があり、中央市会の通常市が二週連続休会という要素も作用しているのだろうね。明古も来週は休会です。

市会終了後、経営員と幹事さんたちで、これから7月の大市までのおおまかなスケジュールについてお話があった。詳しいことはここには書けないが、今期市会終了後のお楽しみとしての「明治古典会公開講座」は4月以降も継続されることとなった。経営員の方から取り上げるテーマのリクエストはないか、と聞かれたので、刷り物に関してお願いします。と会長に伝えた。
また、その席で経営員の”研修旅行”のお願いをしたところ、快くOKを頂き、2月23日24日に那須へ出かけることが決定した。

明古のスケジュールについてのお話のあと、経営員は残って4月の全連大市会の話(^^;。重大イベントの予定が入ると、それが終わるまで頭が一杯になる。すでにワタシの中では今年も7月まで終わってしまった。あと5ヶ月だ。

飲み会は経営員7人ですずらん通りへ。久しぶりだったが、店員の女の子はワタシの顔を覚えていた。顔がデカイからなぁ。
新入経営員のMくんも一緒。Oさんとのオタク系話に我々はついていけず・・・。すごい人が入ってきちゃったなぁ。

2002-02-09 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事