ひさしぶり


久しぶりに市場へ行ける日。

朝から忙しい。甘露通信紙版の入稿をするためだ。内容はインターネット版と同じだから、Web環境を持たない方へ在庫をお知らせするのが主な目的だ。ちゃんとできるかどうかわからないが、政府のIT政策がしっかり予算執行されれば、数年のうちに日本はIT大国になるはず。そうなれば今後はインターネットを閲覧できない方が激減する、はず。・・・いやいや、パソコン需要が冷え込んでいるなんて聞いてるし、きっとそうはならないネ(^^;。しばらくは紙とWebを平行してやっていくことになると思う。

水曜日に入稿して早ければ土曜日に上がる。早い、安い、印刷屋さん。いつ行っても沢山の仕事を抱えていらっしゃる。今日も疲れた顔して応対してくれた(^^;。納期厳守お願いしますネ。

今日は資料会。開札時間を過ぎていたので入札はそこそこしかできず。金曜日と月曜日に出品しておいた品物の精算をした。1点もボーはなかった。有難い。ウチでだめでも他所様なら生きることもあるのだ。ホントに有難い。長いこと店晒しになっていた本が少し減った。
中企センターの2階ではガーデニング会社の展示会が開催されていた。その影響で資材搬入の係員がひっきりなしに地下駐車場と2階を往復し、エレベーターがほぼ独占されてしまっていた模様。

今月の終りに予定している経営員旅行のことでOさんとおしゃべり。行き先は決定したんだけど、日程が詰めきれていない。どうしようか、云々。金曜日に予約を入れようということになった。

帰りの竹橋駅。ホームにIさんがいらっしゃる。経営員で一緒に働いてるIくんのオヤジさんだ。「あなたはよく毎日買いに来てるね」と言われ、いやあ、来るだけで買えてませんから空回りしてますよ、と恐縮して答える(^^;。Iさんはそのまま東西線で高田馬場まで。ワタシは次の九段下で下車して乗り換え。本屋は仕入れが命。仕入れさえうまくいっていれば本はどうにか売れていくもの、のはず。

帰ってきて甘露通信発送用封筒作り。宛名ラベルを打ち出し、貼り付ける。2ヶ月に一度の発行を守り続け、今度の目録で41号になる。売れる月と売れない月の差が段々大きくなっているような・・・(^^;。

明日は4月の一週間カンズメになる全古書連大市会の初会合だ。ワタシは前回に引き続き事故係を拝命した。大変なんだよねぇ(^^;。

2002-02-06 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事