アルバム整理


正月から溜まった写真の整理をしている。

なんでこんなに溜まってしまったのだろう?と思うほど、丸3年の間に撮った写真はワタシの前に積み上がった。やはりカメラをひっくるめて写真を撮る”コト”が好きなのだろう。できた写真を見てすぐにお蔵入りさせてきた結果がこの写真の山になったのだ。フィルムと現像代金だけでいったいいくら使っているのだろう?計算するのがコワイ。

「いいかげんに何とかしたら?」と前から女房に言われていた。なんとかしなきゃとワタシも思っていた。ただこれだけ溜まってしまうとどうやったらいいか思い付かない。ワタシは基本的に写真を捨てられない性格だ。

とりあえずいじってみよう。写真を実際に見ているうちに何か思いつくだろう。そう考え、少しづつ撮影した年代順に並べ始めた。その時思い出す限り撮影に使ったカメラを書き出した。いや、ところが不思議なことに何で撮ったかほとんど覚えているのだ。使ったカメラに組み合わせたレンズ。描写の画角など、はっきりわかる要素がなくても、写真を見るとその時そのものがありありと記憶の引き出しから引き出されてきて、写真に写っているコト以上の想いが溢れてきた。スゴイ。

これだから写真は捨てられない。

見れば見るほど面白い。そうか写真を見るのはこんなに楽しかったのか。一人で整理しているのがもったいなくなってきて、洗濯物を畳んでいた女房を呼んだりして。
カラーネガの写真は日曜日に出かけた時撮ったものが半分以上を占める。まだ小さい頃のウチの子供たち。最近はギャーギャーとうるさい二人も写真に収まってしまえばおとなしい(アタリマエ(^^;)。子供たちがスヤスヤと寝ている横で夫婦二人が写真を見ながら思い出話に花が咲く。

スナップ写真はファインダーの中を全て見渡して撮る訳じゃないから、今見ると「何じゃ?」と思えるようなものまで写りこんでいることがある。そういうイレギュラーな発見があったりして、やはり古い写真を見るのは楽しい。先週撮ったありふれた写真だって、2年3年経てば貴重な記録になる。時間は決して後戻りしない。3年経ってからあの時のコトを撮影しようったって時間がそれを許さないのだ。

とりあえず子供のイイ写真を抜き出してアルバムに貼り付けた。あとはミニアルバムに入れるものと、封筒に突っ込んで箱に仕舞っておくものに整理するつもり。

写真を捨てないのが甘露流だ(^^;。

2002-01-10 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事