寒い


昨日から結構寒い。

店を開ける前に昨日回ってきた訃報を町会の各班長さんへ配りに行く。これは町会理事としての仕事。そのあと昨日メールでご注文頂いていた本を出しに郵便局へ。風が強くて寒い寒い。火曜日は普段から郵便振替入金の通知が来ない日。土日に郵便局が作業を休むからであろう。
店を開け昨日買ってきた本の整理をしてパソコンに入力。出来次第「日本の古本屋データベース」にアップする。これだけでもひとりでやると結構時間がかかる。昼飯を挟んで作業終了は14時過ぎ。

ん、作業に夢中で気が付かなかったけど、今日は文庫しか売れてないんだなぁ(^^;。今日から学校が始まったからかしらん。
元旦から店頭が黒山の人だかりとなった近所のおもちゃ屋さんは昨日今日と休業。そのためか人通りも少なく見える(^^;。商店街というのはそもそも小さい商店がたくさん軒を連ねているから成り立っているシステムだった。それがこの不況で櫛の歯が抜けていくように1店また1店と店を畳んでいく。新丸子東口よりも華やかに見える西口医大通り商店街もまた、1店また1店と店を畳んでいく様子が痛々しい。抜けた歯をそのままにしておくと今度はその隣の歯が痛んでくる。や、これは櫛のハナシ(^^;。

しもた屋となったところに外から入ってきたお店が開店しても、あまり長く続かないようだ。もともとご自分の地所だった場所に開店しているか、繁盛していた時期に借りていたところを上も下も買えたお店はなんとか持ちこたえている模様(ウチはこのパターン(^^;)。それ以外は、たとえば戦前・戦後の古くから店を出しているので家賃が特別安いなどの理由がなければ長く続けるのは困難。
ここ新丸子はマンションの乱立で人口の爆発的増加が起こり、一見西口も東口も人通りが絶えない商店街のように見えるが、よく観察しているとお客を集めているお店はスーパーやコンビニなどごくごく限られていることに気が付く。南北線の開通などを見越して商店街の一角にうまく出店できても、実際にはそこからが正念場となるのだ。

日曜日に歩いた浅草仲見世。激しい人通りのなか、繁盛している店と繁盛していない店があった。ほぼ同じ条件の中、どこで差が出るのだろう。単価を下げて忙しく働くのか、上げてゆったりするのか・・・。イヤイヤ、そんな悠長に考えている場合じゃない・・・か(^^;。

2002-01-08 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事