謹賀新年


あけましておめでとうございます。

いつものように「行く年来る年」を見ながら年越しそばをすすり、新年を迎えた。TVはほどほどにして風呂に入ってから寝た。

朝は8時半には目が覚め、新聞を取りに行くと正月版で分厚くなったためか新聞が入りきらなかったようだ。慌ててシャッターを開けて新聞を回収。すると程なくして年賀状が配達された。意外に早いね。

正月の新聞は企画ページばかりでつまらないからTV欄以外は見ない。でもちらしは見る。元旦営業しているというせっかちなスーパーや家電量販店の宣伝文句を見るのが好きなのだ。そんな中、ウチの近所の玩具店のチラシが入っていた。なんと2月末日で店をたたむとある。今日からそのセールをするというのだ。そうかぁ、いよいよ不況は近所にまで影響を与えはじめたか、と正月早々足元を掬われたような気持ちになる。
窓を開けて外を見ると、もうすでに玩具店は開店し、そのワゴンに人が群がっていた。そんなに安く売っているのだろうか。その様子を見て子供たちは「買ってー」の大合唱。ダメっ、の一言で退ける。

昼頃に実家へ向かう。去年結婚した弟夫婦も来る事になっている。新年の顔合わせである。子供たちはお年玉をもらっていた。家長であるオヤジの挨拶と乾杯。手造りの伊達巻と栗きんとん。日本酒がうまいうまい。一年ぶりのお雑煮は鳥肉と小松菜に出し汁のシンプルな関東風。もちは4つで腹いっぱい。

息子のたっての希望でトランプ大会。彼は神経衰弱が得意らしい。確かになかなかの記憶力。酒が回って意識レベルが下がっている大人は苦戦(^^;。
一段落したので近所の神社へ。行ってみると結構行列している。まあ正月らしくていいけどね。みんな何をお願いしたのかな?M6にズミクロン35mmでスナップ。やはり初出動はM6。

ウチに戻ると近所の玩具店にはまだ黒山の人だかり。すごいなぁ。売っているのはナツカシ系のデッドストック物も多数ある模様。棚はもうすいていた。
年賀状のチェック。やはりどうしても出していなかった人から頂いている。残しておいた葉書が足らず、近所のコンビニを回って年賀状探し。7にはなかったけどファミマにありました。やはり7の方が繁盛しているようだ。

これから夕食をしながらウィーンフィルのニューイヤーコンサートを見るつもり。なんでも日本のミスター・オザワが指揮をするらしい。楽しみだなぁ。

2002-01-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事