腰痛と買い取り


ここには書かなかったが、実はひどい腰痛に悩まされている。

2月8日に腰がピリピリしているような気がしていた。それが次の日の朝になってハッキリとした腰痛に成長したのである。その腰を抱えながら明古の仕事をし、日曜日にはカメラマンとなった。バンテリンを塗りながら病院へ行こうかと悩んでいるうちに今日の仕入れを迎えてしまった。その日以来、かれこれ10日も腰は痛いままである。

今日の買い取りの電話を受けたオヤジは大口という。ちょっと距離がある場所だったので二度行くわけにいかない、と大きなワンボックスをレンタカーした。10時半に出発し、途中予定していた渋滞が全くなかったため、予想よりも1時間早く到着してしまった。昼飯を食べたお店から電話をお客様へかけると、もう来ても大丈夫です、とのこと。すぐにお伺いできた。助かった。

評価してからお支払い。ありがとうございました。

当然クルマに積み込むときが一番ツライ。じわーっという鈍痛。荷物を持ち上げるときにピリッとくる金属痛。その繰り返し。帰ってから本の仕分け出品の心配をする前に、明日は中央市会大市当日である。腰が痛いから打ち上げの飲み会は失礼して帰らせてもらおうかなぁ(^^;。

痛い腰を抱えて家に戻ると、雛人形が飾ってあった。そうか、もうすぐひな祭りだったな。長女のうれしそうな笑顔に癒された。

2001-02-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事