人生劇場


今日も目録によるご注文は続いている。荷造りの日々である。

しかし、その合間を縫いながら市場へ出かける。売った以上は買わなければいけないからである。これも本屋の性(サガ)だ。

月曜日に買った荷物の一部を持ち帰ることにしてディパックに詰めた。本当は手提げも持参したのであるが、この雨のためそちらは止めておいた。

明大坂を降りて駿河台下交差点で信号待ち。すると白い帽子をかぶった40がらみの男が何かをくちゃくちゃ食べながら坂を降りてくる。最初はガムかなにかだろうと気にもとめなかったのだが、よく見ると手に何か持っていて、そこからちぎっては口に運んでいることが分かった。
何だろう?何だろな??。
少し遠目で見ていてわからなかったが、信号が変わって皆が歩き出した瞬間にそれがわかった。なんとカマボコだったのだ!(^^; カマボコ板についたまま包丁で縦に切れ目を入れて剥がしやすくし、それをちぎって食べているらしい。面白い携帯食だとちょっと感心してしまった。
彼の姿を追う。なぜか追いたくなった。少し早足で錦華通りの信号も渡り、タキイの角を彼は右に折れた。そして吸い込まれるようにパチンコ「人生劇場」へと消えていったのである。きっとカマボコ食べながら打つつもりなのだろう。ジンゲキというのが妙にキまっている。思わずニヤリとしてしまった(^^;。

渋谷のBカメラに寄り、愛書会用に撮影した写真版フィルムを現像に出した。モノクロ写真は安かったのだが、最近はちょっと高くなる傾向。KGサイズという葉書大のもので一枚50円也。仕上がりは金曜日とのこと。
そのままついでに4階へ上がり、3DCGソフトshadeがいくらかチェックした。すると、学習ソフトと抱きあわせのセットが1セットあるだけだった。19,800円也。ただ、13%ポイント還元中だから実質はこの値段から2,500円引きである。どうしようか、買っちゃおうかナァ。ま、でももう少し本とか読んで検討してからにしましょう。

何を描きたいという明確なものがあるわけでもない。ちょっと3DCGの世界を齧ってみたい程度の興味である。

2001-02-07 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事