二週間ぶりの金曜日


先週が古典会の大市でつぶれてしまったため、明古は二週間ぶりの開催である。
二週間ぶりでいきなり特選市。しかも経営員の2人が仕事の都合で今日は欠席し、大混乱が予想されたものの、昨日の祝日が作用してか、取っ掛かりの量はたいしたことがなかった。

しかし、それで安心できないところが明古なわけで、地方荷は続々当日便が追加され、持ち込みは引きも切らさず。結局出品総数は1,000点と、一階だけで処理できるぎりぎりまで品物が出た。

TV東京のアド街ック天国という番組をご存知だろうか。今日はその番組の製作会社さんが市会の取材に来た。どうやらあと何週かあとに神保町の特集が組まれるようだ。
TVの取材は初めてではないのだが、今回は全体を見渡すと言うよりは、ピンポイントに撮影をこなしていた。最終の赤毛氈に載った三島由紀夫の「黒蜥蜴」の著者本にクローズアップ。大々的に写るでしょうから、皆さんオンエアの時にはチェックしてみてください。

2000-11-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事